勇壮華麗!【お供馬の走り込み】加茂神社で迫力満点の菊間祭り2016

お供馬の走り込み(菊間祭り)
この記事の所要時間: 143

「お供馬の走り込み」という全国的にも珍しい、馬を使用したお祭りが、愛媛県今治市菊間町で、10月16日(日)に開催されます。

美しい装飾品を身につけ正装した馬に、同じく正装した少年が乗り、「ホイヤー!ホイヤー!」と参道の馬場を駆け抜ける姿は迫力があり、美しく、まさに勇壮華麗。毎年、多くの見物客を沸かせています。

また、東予地方で唯一という「牛鬼」も登場し、会場は盛り上がります。

勇壮華麗!全国的にも珍しい『お供馬の走りこみ』

character-icon3b

秋祭りの季節だねー。
character-icon1a

そうね、どの地区も盛り上がってきたわね!
character-icon2a

今日は、全国的にも珍しい、馬を使用した祭事を紹介するぞ。
character-icon3c

馬がお祭りに出るの~?
character-icon2b

そうじゃ。
愛媛県今治市菊間町(いまばりしきくまちょう)の加茂神社で行われる菊間祭りには『お供馬の走り込み』(おともうまのはしりこみ)という祭事があって、県内外からの見物客・観光客にも人気なんじゃぞ。

美しく着飾ったお供馬

character-icon2c

昔の人は、馬をお披露目するお祭りが晴れ舞台だったんじゃ。
そこで、馬の装飾具にも贅を尽くして華やかに飾り立てておったようじゃな。

正装したお供馬

character-icon1a

うわぁー!綺麗に着飾ったお馬ね~!
character-icon4a

正装した馬の上に載せる鞍は、今でも昔ながらの木鞍を使って、その上に色鮮やかな友禅模様の布団を載せているんですって。
character-icon2a

この上に、乗子(のりこ)と呼ばれる正装した子供がのって、馬場を走り抜ける姿は勇壮華麗じゃぞ!

迫力満点!300メートルの馬場を疾走

character-icon2a

鳥居から境内までの神社参道馬場約300mを一気に走り抜けるんじゃ。

お供馬の走り込み

character-icon4a

竹根のムチを振る音や、少年たちの「ホイヤー」という勇ましい声とともに、人馬一体となって全力疾走する姿は迫力があるわよ。
character-icon3c

馬に乗っているのは子供なんだね!?
character-icon2a

そうじゃ。
お供馬の走り込みに出ておるのは、小学校3年生から中学校3年生までの子なんじゃ。

character-icon2a

朝の8時から何度も何度も疾走するんじゃよ。
character-icon4b

途中から疲れてきちゃう馬がいたり、サラブレットに混じって農耕馬が走る姿なども面白みがあるわよ。

お供馬の起源

character-icon1c

なんで「お供馬」っていうのかしら?
character-icon2a

うむ。お祭りが行われる加茂神社では、約1キロ離れた御旅所まで神輿渡御(みこしとぎょ)が行われるんじゃ。
この渡御に走り込みに出た馬がお供することから、お供馬と呼ばれるようになったそうじゃぞ。
character-icon1c

お祭りの起源は古いのかしら?
character-icon2a

そうじゃな。500年とも600年とも言われておるがのぉ。
お供馬の走り込みは、京都で最も古い神社といわれる上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)で行われる葵祭の前儀として行われていた賀茂競馬(かもくらべうま)の神事の流れを汲む行事といわれておるんじゃ。
character-icon4a

その昔、上賀茂神社の社領だった菊間町も馬を奉納していたそうなの。
いつの頃にか、上賀茂神社のお御霊をご分霊して今治市菊間町の加茂神社を創設して、競馬に倣ってお供馬の走り込みが始められたそうなのよ。
character-icon3a

へぇ~。由緒あるお祭りの流れを汲んでる歴史ある祭事なんだね。

東予地方唯一の迫力ある牛鬼

character-icon2a

ウシオよ、牛鬼(うしおに)というのは、知っておるか?
character-icon1a

うん!宇和島地方で有名なお祭りでしょ。
character-icon2a

そうじゃな。宇和島の牛鬼祭りが有名じゃが、この菊間祭りでも東予地方で唯一、牛鬼が奉納されるんじゃよ。

菊間牛鬼

character-icon3c

うわぁ~!すごい大きいんだね~!こわいなぁ。。
character-icon2b

ハッハッハッ(笑)
たしかにの、牛鬼の首が伸び縮みして大暴れするもんじゃから、小さな子供などは怖がって泣き出してしまう子もおるのぉ。
character-icon4b

幅2m、長さは8mという巨大な牛鬼に泣く子がいても当然よね。首も4mほどあるのよ。
character-icon2b

牛鬼は、疫神を退散させようと疫病が蔓延した時に始まったらしいんじゃ。
疫神をもやっつける牛鬼じゃ、そりゃぁ怖くも見えようぞのぉ。

菊間牛鬼

character-icon2a

宇和島地方の牛鬼は顔が鬼面だということじゃが、菊間の牛鬼は牛面なのが大きな違いじゃな。

菊間祭りのスケジュール

character-icon2a

お供馬の走り込みは2016年10月16日(日)じゃが、前日の15日(土)から菊間祭りは始まるぞ。

15日(土)スケジュール

9:00頃 お供馬、加茂神社境内に集合
10:30 お供馬、町内パレードに出発(13:00頃解散)
12:00 牛鬼、町内パレード(菊間小学校前より出発)
午前~正午 各神社神輿、宮出し、顔見せ

16日(日)スケジュール

8:00 お供馬、馬場集合(11時まで随時走りこみ
9:00頃 獅子舞、加茂神社境内到着(10:30頃まで随時演目披露)
10:00頃 牛鬼、加茂神社境内到着(馬場にて練り)
11:30 お旅所行列開始
character-icon1b

加茂神社のHPを参考に抜粋させていただきました。
詳しくは、加茂神社のHPもご覧くださいね。
http://www.kamoj.sakura.ne.jp/03ni.html

アクセスと駐車場

character-icon2a

菊間祭り(お供馬の走り込み)が行われる加茂神社の住所は、愛媛県今治市菊間町浜1989じゃよ。

駐車場情報

character-icon1b

菊間祭りのための駐車場として、近隣の菊間小学校・菊間中学校を6:00から開放してくれているわよ。
character-icon2a

両校が満車になった場合は、徒歩10分ほど離れた「今治市営緑の広場」の駐車場・グラウンドを利用するとよいそうじゃ。

JR利用の場合

character-icon2a

JR使用の場合は、最寄り駅は『菊間駅』じゃよ。
加茂神社までは約1km、徒歩17分ほどじゃ。

近隣の観光マップ「ついでにおいでや」

character-icon3f
愛媛県今治市の観光マップだよ!ついでに行きたいところをピックアップしたからね。マップ内の数字をクリックして関連記事にも飛ぶことができるよ。

今治市周辺の観光案内

character-icon4f
特集した関連記事に飛ぶから、ついでにアクセスしてみてね!

①・今治みなと交流センター「はーばりー」
②・今治城
③・亀老山
④・大山祇(おおやまづみ)神社
⑤・タオル美術館ICHIHIRO
⑥・糸山公園
⑦・のまうまハイランド
⑧・かわら館

⑨・サイクリングターミナル・サンライズ糸山
⑩・村上水軍博物館
⑪・道の駅 よしうみいきいき館
⑫・カレイ山展望公園
⑬・鈍川温泉
⑭・ドルフィンファームしまなみ
⑮・イオンモール今治新都市


character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

         

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

         
愛媛県の求人情報掲載