【南楽園】梅まつり開催中!四国最大規模の日本庭園で四季折々の花々を楽しむ

南楽園の梅まつりのアイキャッチ
この記事の所要時間: 223

愛媛県宇和島市にある南楽園では「梅まつり」が開催中です。
南楽園は四国最大規模の日本庭園で、四季折々の花々を楽しむことができます。
中でも今の時期は15種類160本もの梅が見ごろとなっており、梅まつりでは梅にちなんだイベントがたくさん行われております。
梅まつり期間中限定のランチメニューや、梅を活かしたたくさんのお土産も見逃せません。
また梅まつりと同時開催の「南楽園の座敷雛」もひな祭りにピッタリです。
この記事ではそんな「南楽園梅まつり」の魅力をお伝えします。


花咲か爺屋陽なた三番町店のLINE@友だち追加バナー広告
「広告」ご依頼はこちら

南楽園とは?1年中楽しめる日本庭園

character-icon4a

ウシオちゃん、今南楽園の梅が咲いているのよ。行ってみない?
character-icon1a

確かに今の時期と言えば梅だよね!
行ってみたいけど、南楽園ってどういう場所なのかしら?
character-icon4b

南楽園は宇和島市にある四国でも随一の広さを誇る日本庭園なのよ。
とても美しい日本庭園で、中でも今の時期は「南楽園梅まつり」が開催中だからぜひ行っておきたいのよ。
character-icon1c

そんな立派な庭園が宇和島市にあるなんて知らなかったわ。
character-icon2c

南楽園は元々南予レクリエーション都市(南レク)の一つとして、1985年に開園したのじゃ。
1989年に日本の都市公園100選にも選ばれておる。
それに南楽園の周辺には「南楽園ファミリーパーク」「津島プレーランド」と言って、ローラースケートやゴーカート等が楽しめる施設もあるぞ。
さらに南楽園隣の「山本観光農園」ではイチゴ狩りもできるのじゃ。
家族みんなで行けば1日とことん楽しめること間違いなしじゃの。
character-icon3a

それならボクも行ってみたいな~。
character-icon4a

梅まつりの他にも、6月は「菖蒲まつり」、9月は「いもたき」、11月は「紅葉」と、1年中季節に合わせたイベントをやっているのよ。
character-icon1a

どれも気になるイベントだね!
まずはその「梅まつり」に行ってみましょう。

在宅ライタースマホバナー
「広告」ご依頼はこちら

梅まつり開催中!(2018年3月4日まで)

character-icon4b

さぁ南楽園に着いたわよ。
まずはこの立派な門をくぐって中に入るわ。

南楽園入口

character-icon1b

いきなり日本庭園らしい佇まいね。
雰囲気があって素敵だわ。
character-icon4b

門をくぐったらまず左に進むのよ。
そうすると庭園が見えてくるわ。

南楽園1

character-icon1a

四国最大規模というだけあって立派ね!
思った以上に広々としているわ。
character-icon2b

うむ、これは立派じゃの!
はて、梅はどの辺に咲いておるのかの?
character-icon4a

庭園の中心に位置する「幸迎橋」を渡った先が梅園よ。
この橋はある願いが込められていて、橋の上の擬宝珠(ぎぼし)に触れると幸せを授かると言われているの。

擬宝珠

character-icon1b

幸せを迎える橋だもんね。
私もさわっておこう~。

気になる梅の開花状況

character-icon4e

そのメインとなる梅なんだけど、残念ながら今年は寒波の影響で例年より開花が遅れているみたいなの。
開花状況は下のブログに細かく載っているから、こまめにチェックしてみてね。
南楽園花日記

梅の状況(写真は2018/2/11現在の様子です)

character-icon4b

梅まつりは2018年3月4日(日)までやっているから、今から行ってもまだ梅の開花には間に合うわ。
むしろ遅めに行った方が満開の梅を見られるチャンスがあるわね。
character-icon1e

そっか~ちょっと早く来すぎてしまったわね。
character-icon3a

あ、でもあそこに花が咲いているよ!

梅の花

character-icon1a

ホントだわ!
薄いピンク色がとてもキレイだね。
character-icon2b

この寒さに負けず頑張って咲いておるの。
何だか元気がもらえるわい。

梅の花2

character-icon3b

あ、こっちにも違う花が咲いているよー。

かんつばき

character-icon4b

これはカンツバキの花ね。
梅以外にも様々な草木があるのも南楽園の魅力よ。

梅の花3


花咲か爺屋陽なた三番町店のLINE@友だち追加バナー広告
「広告」ご依頼はこちら

イベントを満喫しよう!

character-icon4a

梅の花を楽しんだ所で「山の家」に行ってみましょう。
梅まつり期間中は「梅茶」を無料でいただくことができるわ。

梅茶

character-icon2b

梅干しを箸でほぐしながら飲むのじゃな。
これは温まるわい。
character-icon1b

無料で飲めるなんてとても心温まるサービスね。

梅の木の販売

character-icon4a

それからご覧のように梅の木の販売も行っているわ。

梅の木販売

character-icon2a

ほほう。これなら自宅でも梅の花を楽しむことができるの。
ワシも育ててみるとするかのう。

遊び広場

character-icon3a

ここは何だろう?
何だか楽しそうな雰囲気がするよ!

遊び広場

character-icon4b

ここの広場では「福もちまき」「梅干種飛ばし大会」をやっているみたいね。
それから子どもたちが遊べる遊具もあるわ。
寒さに負けず遊んでみたらどうかしら。
character-icon3b

梅干しの種を飛ばすなんて面白そう!
ボクもやってみたいな~。

いきいき館の牡蛎食べ放題のバナー
「広告」ご依頼はこちら

期間限定のランチメニュー

character-icon1a

越智さん、そろそろランチにしないかしら?
character-icon3b

ボクもお腹ペコペコ!
character-icon4b

そうね、それじゃあランチにしましょう。
ランチは園の西にある「和日輔」(わびすけ)へ行ってみましょう。
梅まつり限定のメニューを食べることができるわ。

わびすけ

character-icon2a

落ち着いた雰囲気のお店じゃな。
これならゆっくりと食事を楽しめそうじゃわい。
character-icon4b

普段の定食メニューも捨てがたいけど、せっかくだから限定メニューがオススメよ。

メニュー

character-icon1a

私はこの「梅の香御膳」にするわ。

梅の香御膳

character-icon4c

天ぷらに梅肉があしらっているのね。
お刺身もついているし、季節のイチゴのデザートもついていて、とってもおトクだわ!
character-icon3b

ボクはこっちの御荘カキフライ御膳にしたよー。

カキフライ

character-icon2b

地元御荘で取れたカキを使用しているようじゃな。
どちらも負けず劣らず美味しそうじゃわい。

【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

春を感じさせる座敷雛(ざしきびな)

character-icon1a

越智さん、お土産はどこで買ったらいいかしら?
character-icon4b

入口すぐの建物が管理棟で、休憩所や売店となっているわ。
ここに色んなお土産あるからよく選んでちょうだい。

おみやげ

character-icon1b

梅にちなんだお土産がいっぱいだね。
これならお土産に困ることはないね!
character-icon4b

そうなの!それから、梅まつりの期間はこの建物の中で「座敷雛」の展示をやっているから、そちらも見てましょう。

座敷雛1

character-icon3b

とてもキレイで華やかなお雛様だね!
character-icon4a

しっかりと空間作りがしてあって、春の訪れを感じさせる素敵な雰囲気ね。
見てるこっちも温かい気持ちになるわ。

座敷雛2

character-icon3c

ねぇねぇ、こっちにもお雛様がいるよー。

子ども雛

character-icon1a

こっちの雛人形は地元の園児たちが作ったのね。
一つひとつ表情が違っておもしろいわ。
character-icon4a

座敷雛も園児たちが作った雛人形も、梅の花と一緒に見ておいてほしいわ。

こどもびな2


在宅ライタースマホバナー
「広告」ご依頼はこちら

詳細情報

character-icon1a

梅の花に座敷雛と見どころ満載の南楽園の情報をまとめておくね。
梅まつりは3/4(日)までだけど、南楽園自体はほぼ年中無休でやっているわ。
梅まつりが終わった後も梅の花を見るチャンスがあるかもしれないわよ。
住所 〒798-3303 愛媛県宇和島市津島町近家甲1813
電話番号 0895-32-3344
営業時間 9時00分~17時00分
入場料 大人310円、小人150円
休園日 12月29日~1月1日
駐車場 あり(無料)
ホームページ 南レク―南楽園

アクセス

character-icon2a

南楽園へのアクセスは宇和島道路津島若松インターを降りて、国道56号を松山方面へ進むぞい。
津島若松インターを降りて、少し折り返すことになるから注意が必要じゃ。
もっとも案内看板が多いからそれに従っていけば問題ない
地図を貼っておくぞい。

character-icon1a

公共交通機関の場合はJR宇和島駅から宇和島自動車のバスが出ているわよ。
岩松支線の福浦方面に乗って「南楽園前」で下車すればいいわ。
乗り継ぎが必要な場合もあるからホームページで時刻表をよく確認して行ってみてね。
宇和島自動車株式会社-路線バス岩松支線

Googleストリートビュー

character-icon4a

ストリートビューも掲載しておくわ。
南楽園の広さを感じることができるんじゃないかしら。


character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

「広告」ご依頼はこちら
花咲か爺屋陽なた三番町店のLINE@友だち追加バナー広告

建築家と家を建てたい人を繋ぐ記事のバナー