『活魚・民宿よし正』謹製!レモンポーク―チャーシュー美味しさの秘密をレポート!

レモンポークチャーシュー岩城島よし正
この記事の所要時間: 149
青いレモンの島とうたわれる離島、愛媛県越智郡上島町岩城島
その岩城島でレモンを食べて育つブランド豚『レモンポーク』を使ったレモンポークチャーシューを『活魚・民宿よし正』で見つけました!
まるで上質なローストポークのような、あふれる旨味。
美味しさの秘密をたっぷりレポートします!岩城島、よし正へGO!

【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

岩城島で育てられる『レモンポーク』とは?

character-icon1b

ねえねえ、越智さん、私この前『岩城島』へ行ったのよ♪
character-icon4a

岩城島って、確か『青いレモンの島』で有名な離島よね~。
聞いたことあるわあ。

レモンポークチャーシューを開発したよし正がある、岩城島岩城港 

character-icon1a

そうそう、その岩城島で育てられる『レモンポーク』って知ってる?
character-icon4c

レ、レモンポーク?レモンの豚!?
character-icon1b

うふふ。岩城島はレモンなどの柑橘を使った加工品がたくさん作られているの。
だいたい7月~11月にかけてその工程で出る搾りかすを使った飼料を食べて育つのがレモンポークなんだよ。
character-icon4b

にゃんとレモンを食べて育つ豚
島内循環ってやつだわねえ、すてきだわ~。
character-icon1a

レモンポークの特徴は、上品な肉の甘味♪
冷めても固くなりづらいところもいいんだなあ。
character-icon4c

じゅるるるる~、食べてみたいわあ、レモンポーク
character-icon1b

それでね、越智さん。今回私は岩城島の『活魚・民宿よし正』さんに、そのレモンポークを使ったレモンポークチャーシューを食べに行ったんだ!

岩城島活魚・民宿よし正外観


しまなみ求人GW短期_バナー用

「広告」ご依頼はこちら

『レモンポークチャーシュー』を開発した活魚・民宿よし正

character-icon1a

じゃじゃじゃーん、レモンポークチャーシューを開発した『活魚・民宿よし正』の大将、砂川温尋(すながわみつひろ)さんです!
character-icon4b

あらあ、ナイススマイル♪こんにちは~。

活魚・民宿よし正大将砂川さん

character-icon1b

砂川さんは昭和45年創業よし正の2代目。
よし正では民宿、居酒屋の他、無人島の津波島キャンプ他、遊漁船体験を楽しむことができるよ。
character-icon4a

んまあ、お魚!
活魚・民宿よし正遊漁船体験
写真:活魚・民宿よし正
character-icon1a

民宿や居酒屋では、瀬戸内の新鮮魚介を使ったお料理も!
character-icon4c

んまあああああ、さらにお魚~!!!!
活魚・民宿よし正魚介料理
写真提供:活魚・民宿よし正

地元の食材を活かしたい

character-icon1b

魚介だけでなくできるだけ地元の食材を活かしたいと願っている砂川さん。
そんな思いから岩城島で育てられているレモンポークを使ったメニューをこれまでにも開発してきたんだよ!
character-icon4b

あらあ、すてきなエピソードだわねえ。

【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

ローストポーク塩チャーシューと炭火焼醤油チャーシュー

character-icon1b

レモンポークチャーシューには『ローストポーク塩チャーシュー』と『炭火焼醤油チャーシュー』の2種類があるんだ♪
丁寧に脂肪をそぎおとしたものを、塩チャーシューは塩漬にして、醤油チャーシューはニンニクなどを配合した特製醤油ダレに漬け込んで3日間
それぞれ低温で煮て、さらに3日間寝かせたものがこちらです、じゃじゃじゃじゃーん!
character-icon4c

こっ、これが!!どどーん!!

活魚・民宿よし正レモンポークチャーシュー仕込み完了

character-icon1a

ここからがいよいよ仕上げ
塩チャーシューは素揚げにするの
character-icon4a

手間がかかっているんだわねえ。

活魚・民宿よし正レモンポークチャーシュー素揚げ

character-icon1b

揚げているとレモンポークの甘~い香りがふんわり立ち上るんだよ。
character-icon4b

こりゃたまらにゃいわねえ!!
character-icon1a

そしてこちらは醤油チャーシューの仕上げ。
なんと炭火焼きでじっくり、熟練の板前さんが焼き付けていくんだよ。
炭火焼きは仕上がりの香りの良さがやっぱり違うんだって!
character-icon4c

これまた、たまらにゃいわあ!!!!

活魚・民宿よし正レモンポークチャーシュー炭火焼

仕込み開始から1週間

character-icon4b

仕込み開始から1週間かけて、レモンポークチャーシューは完成するのねえ~!
character-icon1a

塩チャーシュー、醤油チャーシュー、どちらのテイストもレモンポークのうまみを生かした上品な味わいなの。
チャーシューと言うよりもローストポークみたいな感じなんだ。
そしてこちらが、砂川さんの開発への思い。
character-icon4c

試行錯誤1年本当に美味しいチャーシューが出来上がりました。
あ、あかん。この書き出しだけで泣けてくる。

活魚・民宿居酒屋よし正大将砂川さんのコメント


海賊つうしん。Twitterバナー
「広告」ご依頼はこちら

岩城ラーメンとセット!

character-icon1a

レモンポークチャーシューは現在、岩城ラーメンとセットの『ミニチャーシュー丼』としてお店で食べることができるよ。
テイクアウト地方発送にも対応してくれるんだって。
グラム500円、送料などは別途お問合せしてくださいとお店からのメッセージだよ。
character-icon4b

まあっ、うっすらピンクの切り口が美味しそうだわあ。
塩も醤油も、どっちも食べたい~。

塩レモンポークチャーシュー丼

character-icon1b

他では味わえない岩城島のレモンポークチャーシュー。
今度一緒に食べに行こうか、越智さん。
character-icon4c

ん~、塩味としょうゆだれとどっちにしようかしら~、両方とも行っちゃおうかしら~、お魚も食べて遊漁船体験もしちゃおうかしら~。

【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

『活魚・民宿よし正』店舗情報

character-icon1a

活魚・民宿よし正 さんの店舗情報はこちらです!お座敷スペースもあるので宴会にもおすすめ!瀬戸内の食材をたっぷり楽しめるよ。
住所 愛媛県越智郡上島町岩城1540番地
TEL 0120‐37‐4403
営業時間 ランチ:11時~14時(LO 13時30分)、夜:18時~22時(LO 21時)
定休日 12月31日、元旦
席数 22席 ※座敷スペースあり。大小宴会も可能。
WEBサイト http://www.yoshimasa.jp/
駐車場 10台

アクセスマップ

character-icon4b

今治港から芸予汽船で乗り換えなしで行けるわよ~。

Facebookページ

character-icon1b

島の日々や新メニュー、遊漁船体験の様子もわかっておもしろい!

character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

「広告」ご依頼はこちら
【スポンサーリンク】