【石手寺】四国八十八ヶ所「石手寺」観光で行く前に確認すべき情報まとめ

石手寺のアイキャッチ(本堂)
この記事の所要時間: 219

愛媛県松山市にある石手寺(いしてじ)を紹介します。
愛媛県下の国の重要文化財(建造物)49のうち7つが石手寺にあり、そのなかでも仁王門は国宝。
石手寺は道後温泉から1km程と近く、四国遍路の元祖といわれる衛門三郎伝説ゆかりの寺としても知られ、愛媛県を代表する四国八十八ヶ所霊場の1つです。

広大な敷地には重要文化財の建造物のほか、七転八起を祈る元気石やマントラ洞窟、四国八十八ヶ所お砂撫で(おすななで)など見どころ満載なお寺。
また、観光ガイドブックの『ミシュラングリーンガイドジャパン』で1つ星に選定されています。

大勢のお遍路さんや観光客が訪れているのはもちろん、四国の弘法大師ファンの中心的なお寺であり、初詣の参拝者数は愛媛県内トップの24万人以上と、地元でも多くの人々に愛されています。
今回は石手寺について、情報満載でお届けしていますので、ぜひご覧ください!

石手寺とは?

character-icon2a

ジャック、今日は松山市にある石手寺にお参りに行くぞ!

石手寺本殿1

character-icon3a

やったー!ねぇ、海賊王のおじちゃん。
ボク、石手寺のこと知らないんだけど、どんなお寺なの?
character-icon2a

四国霊場八十八ヶ所霊場といって、弘法大師こと空海四国ゆかりの八十八寺院のことを言うんじゃが、石手寺は、その五十一番札所なんじゃ。
「お大師さん」(弘法大師のこと)の愛称で呼ばれるほど、弘法大師ファンが多く集まる寺なんじゃよ。
character-icon4a

石手寺の裏山には日本一の高さを誇る「日中友好弘法大師像」があって、その姿は松山城からも観えるし、四国霊場・五十番札所の繁多寺(はんたじ)からも観ることができるわ。
石手寺の位置が確認できるシンボルとなっているのよ。

弘法大師像1

character-icon2a

ウシオは四国霊場八十八ヶ所のことは知っとるじゃろ?
character-icon1a

知ってるわ。
今、おじいちゃんとおばあちゃんが、健康祈願のために八十八ヶ所を巡るお遍路さんのバスツアーに参加してるもの。
character-icon2a

そうかそうか。
八十八は人間の煩悩の数と言われており、八十八ヶ所を巡ることで煩悩が消え、満願成就し、やすらかに成仏できると言い伝えられておるんじゃ。
『ミシュラングリーンガイドジャパン』では、1つ星に選定されてもおるし、歴史深い寺なんじゃぞ。
character-icon3a

じゃ、海賊王のおじちゃんが海賊として活躍してた頃からあるってこと?

石手寺立て札

character-icon2c

そうじゃな。
わしが生きていた戦国時代よりも昔の1200年以上前の奈良時代728年、聖武天皇の勅願により、伊予の豪族・越智玉純(おちのたまずみ)、別名、河野玉澄(こうのたますみ)が夢でこの地は霊場と感得し、熊野十二社権現(くまのじゅうにしゃごんげん)を祀る道場を創ったのが始まりじゃ。
character-icon3a

ずっと、むかしからあるってことなんだねぇ。
character-icon2c

翌年729年に、奈良の大仏建立の責任者として有名な行基(ぎょうき)が、薬師如来を本尊に安養寺(あんようじ)という寺を開基したんじゃよ。
813年に弘法大師が真言宗に改め、平安時代の892年、衛門三郎の再来伝説にちなんで石手寺と改称したんじゃ。

石手寺基本の参拝方法

character-icon4a

石手寺はとても広いから、あらかじめ、参拝の順番を決めておくといいわ。
ホームページによると、元気の出る右回り布施心の左回りだそうよ。

石手寺の参拝順序石手寺ホームページより

character-icon4a

石手寺には本堂本殿があるの。
石手寺の基本の参拝方法を事前に案内しておくわね。
石手寺は国宝や重要文化財がたくさんあるけど、お線香代やお賽銭が拝観料の代わりよ。
ろうそくお線香を100円で買ってね。

お線香とろうそく

character-icon4c

ろうそくに火をつけて本殿に立てて、お線香を2本ずつ各お堂に立ててね。
最後は、お線香を香煙台に立てるの。
お線香の煙で身体の悪いところが治ると言われているわ。
お線香の火は中心までなかなか点かないから、しばらく火のことろに置いておくのがポイントよ。

お線香と火
お線香立て

character-icon3a

頭が良くなりますように~。なんちゃってエヘヘ。

お遍路第1号・衛門三郎の伝説

character-icon1a

では、さっそく石手寺に入りましょ!
character-icon4c

入ると手水場(ちょうずば)と、渡らずの橋があるわ。お地蔵さんがいるところよ。
弘法大師が渡ったとされる橋で、「弘法大師お道開きの橋」と言って、後は誰も渡ってはいけないと言われているの。

渡らずの橋

character-icon2a

傍らには四国遍路の第1号と言われる衛門三郎像があるぞ。
入ってすぐの大門に向かって左斜め前ぐらいじゃな。

衛門三郎

character-icon3c

何をした人なの?石手寺とどう関係があるの?
character-icon4a

今から1200年前、荏原(えばら)という村があって、そこに衛門三郎という傲慢で強欲な大地主がいたの。
ある日、屋敷の門に生き倒れそうな薄汚れたお坊さんが来たのだけど、衛門三郎は竹ぼうきで乱暴に追い払っちゃったのよね。
その時に、お坊さんが持っていた鉢が八つに割れたのだけど、その後、衛門三郎の八人の息子が相次いで亡くなってしまうの。
character-icon2c

その僧侶というのが実は、若き日の弘法大師だったんじゃ。
衛門三郎は最愛の息子たちを亡くし、今までの村人への非道な行いを含め、懺悔謝罪をするべく、弘法大師に会いに四国八十八ヶ所の寺をまわる旅に出たんじゃ。
character-icon4e

ところが、衛門三郎は八十八ヶ所を20回もまわるのだけど、弘法大師には会えないの。
そこで八十八番札所を逆にまわってみたのだけど、とうとう第十二番の焼山寺(しょうざんじ)の近くで病に倒れてしまったのよね。
character-icon2a

すると、弘法大師が現れ衛門三郎は謝るんじゃが、後は涙で言葉が続かなかったんじゃ。
弘法大師は近くの石を拾って「衛門三郎再生」と書いて、衛門三郎の左手に握らせ、衛門三郎は静かに息を引き取ったんじゃよ。
その後、時代は移り変わり、伊予の豪族河野息利に長男が生まれたんじゃが左手を固く握って開こうとしなかったんじゃ。
character-icon4c

そこで安養寺で祈願したところ、手を開き、「衛門三郎再生」の石が出てきたのよね。
この石は安養寺に納められ、寺号を「石手寺」と改めたの。
その石は現在でも保管されていて、石手寺の宝物館「玉の石」として安置されているそうよ。

玉の石

重要文化財7つの紹介(国宝1つ含む)

character-icon1a

ねぇ、タケヨシさん。7つの重要文化財を案内してほしいな。

1・仁王門(国宝)

character-icon2c

うむ。では、国宝の仁王門から案内するぞ!
衛門三郎像を左に回廊の石畳を進んで行くと、仁王門が見えて来たじゃろ。
1318年の鎌倉時代に建てられたもので、運慶の傑作と言われているぞ。

国宝仁王門

2・本堂(重要文化財)

character-icon2a

続いて、重要文化財の本堂じゃな。仁王門をくぐり、正面にあるぞ。
仁王門と同じ頃に建てられたもので、鎌倉時代の雄巧な建築の特徴がよく出ているんじゃ。

石手寺本堂とお遍路さん

3・三重塔(重要文化財)

character-icon2a

仁王門をくぐり、本堂に向かって右手にあるのが三重塔じゃな。
左右の均整が取れているじゃろ。

石手寺三重塔

4・鐘楼と銅鐘(重要文化財)

character-icon2c

その奥に鐘楼(しょうろう)銅鐘(どうろう)があるぞ。
この中にある銅鐘は住職しか撞けないことになっておるそうじゃ。

鐘楼

5・護摩堂(重要文化財)

character-icon2a

鐘楼から北に道を登ると護摩堂(ごまどう)があるぞ。
護摩堂は室町時代初期に建てられたもので、他の重要文化財の建造物とは違い、純朴で和な造りじゃな。

石手寺護摩堂

6・訶梨帝母堂(重要文化財)

character-icon2b

護摩堂をさらに北に上っていくと、訶梨帝母天堂(かりていもてんどう)と言って鬼子母神さまのお堂があるぞ。
鎌倉時代末期に建てられたもので、小さいが繊細で美しい造りになっておる。

石手寺訶梨帝母天堂

7・五輪塔(重要文化財)

character-icon2a

7つめの重要文化財は鎌倉時代末期に造られた五輪塔じゃ。
境内の裏手にあるぞ。1567年、源頼朝の供養塔として祀られているそうじゃ。

石手寺五輪塔

重要文化財(歴史的資料)がある宝物館

character-icon4b

いま紹介した建造物の重要文化財のほかにも、宝物館には、重要文化財(歴史的資料)がたくさん貯蔵されているの。
ぜひ覗いてみてね!

石手寺宝物館

石手寺宝物館看板

character-icon1a

入場料や開館時間は以下のとおりよ。
大人200円 小学生以下100円
開館時間 8:00~17:00
character-icon3b

宝物って、わくわくするな~!

石手寺古文書

石手寺掛仏

character-icon4a

2016年2月6日放送の「ブラタモリ」で紹介された、道後温泉の優待券である石手寺制札(せいさつ)もここに貯蔵されてるのよ。

石手寺制札松山市ホームページ「石手寺制札」より

character-icon2a

毎月5の倍数の日は石手寺の僧侶以外は入浴禁止だったんじゃから、当時の権力を物語っておるのう。

石のお守りと願かけパワースポット

character-icon4a

ウシオちゃん、石手寺はパワースポットとしても知られているの。
詳しくはパワースポットのページを見てね。
石手寺を代表する3つの石があって、石手寺に置いてあるパンフレットにも載ってるわ。

石手寺のパンフレット石手寺のパンフレットより

character-icon4a

3つの石の1つである「玉の石」は、さっき衛門三郎再来伝説で出てきた「玉の石」ね。
あとの2つの石には願かけの習わしがあるのよ。
character-icon1a

え~、どんな願かけがあるの。越智さん、教えて!

子宝安産のお守り石

character-icon4a

子宝石というのがあって、さっきの訶梨帝母天堂のところにたくさん石があったでしょ。
character-icon1c

確かに。いっぱい石があったわ!

安産子宝石

character-icon4b

あそこの石をお守りとして持って帰ると子宝に恵まれ、安産で出産できると言われているの。
子どもが無事産まれたら、1つは持って帰った石に生まれた子の名前と生年月日を書いて、新しい石と一緒に2つ返すの。
私も安産のお願いに行ったわねぇ。

元気(再生)の石

character-icon2c

もう1つの石は、本堂に向かって左側にあった元気石じゃな。
衛門三郎の罪と再生の伝説にちなみ、石を1つ持って帰って、1年したら改心と復活をし、7つ添えて8つ返す。
七転び八起きの石じゃそうだ。

元気石

仁王門の大わらじ

character-icon4a

石手寺には、他にも仁王門にある大わらじには、足の悪いところを願かけするとご利益があるとか。

仁王門の大わらじ

認知症防止を願う阿弥陀堂

character-icon4a

そして、仁王門を入ってすぐ左にあるお堂の阿弥陀堂は、認知症防止の願かけをするとよいと言われているわよ。

阿弥陀堂

ミニ四国八十八ヶ所霊場巡りができる「お砂撫で」

character-icon4a

石手寺には、まだまだあるわよ。
三重塔の1階部分の縁側に、ミニ四国八十八ヶ所霊場巡りができる「お砂撫で」(おすななで)というものがあるの。
住職が持ち帰った四国八十八ヶ所の砂よ。

石手寺お砂撫で

character-icon4a

撫でながら、八十八の煩悩を沈め、人々の平和や健康を願うのよ。
逆打ちした衛門三郎にちなんで高野山からスタートするの。
閏年には逆打ちするとご利益が3倍だとか。

摩訶不思議マントラ洞窟

character-icon2c

なんと、石手寺には洞窟もあるぞ!
元気石を通り過ぎ北西に進むと、マントラ洞窟の入り口が見えてくるんじゃ。

石手寺マントラ洞窟入り口

character-icon4a

長さが160mもあって、お地蔵さんや仏像がたくさんあるのよ。
中はひんやりと冷たくて、灯りはあるけど暗いの。
入り口のお賽銭入れに100円を納めてね。

石手寺マントラ洞窟

character-icon3a

冒険みたいで楽しそう。
character-icon2c

俗世と遮断された世界観で瞑想気分が味わえるぞ。
猛暑でもここは涼しいそうじゃ。

その他のおすすめスポット

character-icon1a

越智さん、他にもおすすめなスポットはある?

文化人の落書き堂(大師堂)と句碑

character-icon4a

今は修繕されてしまったのだけど、大師堂には昔、今年生誕150年を迎える夏目漱石正岡子規落書きがあったのよ。

石手寺大師堂

character-icon1c

へぇ~、あの夏目漱石正岡子規も訪れたのね。
character-icon4a

2人は、よく通ったそうよ。
正岡子規の句碑もあるわ。

正岡子規の句碑

character-icon4a

あの乱れ髪で有名な与謝野晶子の句碑もあるのよ。

与謝野晶子句碑

character-icon2a

石手寺は由緒ある名刹というわけじゃな。

みかえりの桜

character-icon4a

4月上旬に見ごろなのが「みかえりの桜」よ。
仁王門の直前を右に進むと、突き当りの庭に「みかえりの桜」があるの。

みかえりの桜松山市ホームページ「みかえりの桜」のページより

道後温泉の湯元の流れる音が聴ける石

character-icon4a

他にも石手寺には、仁王門と本堂の中間あたりに、道後温泉の湯元の流れる音が聴ける石というのがあるわよ。
上の四角く凹んでいるところに耳をあてて、耳を澄ませてみてね。

道後温泉の湯元の音が聴こえる石

character-icon3a

うわぁ~、聴いてみたい!聴いてみたい!
character-icon1b

せっかくだから、道後温泉に寄って帰りましょうよ。
道後温泉の特集記事も併せてチェックしてみてくださいね!

松山市を洪水から救った岩堰

character-icon2a

石手寺から4、5分ほど少し足をのばすと石手川沿いを散歩すると、岩堰や赤い橋の岩堰橋が観られるぞ。
2016年1月31日に放送された「ブラタモリ」でも紹介されたんじゃ。

岩堰橋

character-icon4a

石手寺からセブンスター石手店に向かって歩いていくと分かりやすいわね。

character-icon2c

1061年、松山藩士で加藤義明の右腕である足立重信たちがたった1年で岩を堀り、石手川の流れを変え、松山市を大洪水から救ったんじゃ。
400年程で四国有数の市に発展した秘密が見られるぞ。
character-icon3a

ダイナマイトや重機のない時代にすごいな~。

石手寺名物・やきもちのお店とその他のお店

character-icon1e

はぁー、けっこう歩いたわね。
疲れちゃった。
どこかお茶するとこないかしら。
character-icon4a

石手寺の敷地内には、石手寺名物やいくつか休憩できるお店があるわよ。

石手寺回廊

character-icon1a

うわぁ、回廊には手作りのほうきのお店とかがあるわね。

五十一番食堂

character-icon1a

あの表でやきもちを焼いてる「五十一番食堂」でお茶にしましょう!

五十一番食堂

character-icon4b

やっぱり石手寺といえば、やきもちよね。
上質な米粉の生地にあんこが入ってて、甘酒と一緒に食べるのがおすすめよ。
やきもちと甘酒
character-icon1b

美味しい~っ!これなら、お遍路さんの疲れも癒えるわねぇ。
character-icon4a

五十一番食堂の基本情報とメニュー表を載せておくわね。
名称 五十一番食堂
営業時間 8:00~17:00
住所 愛媛県松山市石手2-9-17
電話番号 五089-977-3003
定休日 不定休

五十一番食堂メニュー表

character-icon1a

越智さん、他にはどんなお店があるの?

一路庵

character-icon4a

「五十一番食堂」の斜め向かいが「一路庵」ね。
ここも、やきもちがあるわ。

一路庵

mohennro chaya(もへんろ茶屋)

character-icon4a

入り口付近には「mohennro chaya」(もへんろ茶屋)があるわ。
ちょっとレトロなカフェね。

もへんろ茶屋

しらさぎ舎

character-icon4c

入り口を出て道路を渡ると、和菓子屋の「しらさぎ舎」には足湯もあるわよ。

しらさぎ舎

みよし食堂

character-icon4a

その横には「みよし食堂」があるわ。ここにも、やきもちがあるわよ。

みよし食堂

石手寺の主な年間行事

character-icon4a

石手寺の初詣客は愛媛県内トップなのだけど、お正月以外の主な年間行事としては2月3日の節分大祭8月20日のお施餓鬼会大晦日の世界平和万灯会ね。
character-icon2a

2月3日の節分大祭では、厄除けの参拝者が多く訪れるぞ。

石手寺豆まき石手寺「節分大祭」より

character-icon2a

8月20日のお施餓鬼会は、先祖供養とともに盆踊りがあり、出店も多く並んで夏祭りのようじゃな。
大晦日の世界平和万灯会は、世界中の戦争や災害で失われた命を悼み、本堂や三重塔前が一面ろうそくで埋め尽くされて幻想的じゃよ。

平和万灯会石手寺「平和万灯会」より

2月3日 節分大祭
8月20日 大施餓鬼会・夏万灯会
12月31日 世界平和万灯会

「石手寺行事案内」より

石手寺の基本情報とアクセス

character-icon1a

最後に、石手寺の基本情報とアクセスを紹介します!

基本情報

名称 四国霊場五十一番札所 熊野山 石手寺
住所 愛媛県松山市石手2-9-21
電話番号 089-977-0870
開門時間 8:00~17:00
ホームページ http://nehan.net/

アクセス

character-icon1a

伊予鉄道の市内電車の道後温泉駅からは徒歩16分ぐらいです。

character-icon1a

最寄駅は、伊予鉄道のバス停「石手寺」を下車すれば石手寺入り口が目の前です。
「石手寺」に停車するバスの路線は、伊予鉄高島屋のある伊予鉄「松山市駅」からは、8番線の道後温泉行きか、52番線の湯の山ニュータウンや湧ヶ渕行きに乗って、渋滞時でなければ所要時間は約22分の運賃260円で行けます。
character-icon1a

JR松山駅の伊予鉄バス停「JR松山駅前」からだと、同じ、8番線の道後温泉行きか、52番線の湯の山ニュータウンや湧ヶ渕行きに乗って、渋滞時でなければ、所要時間は約30分の運賃310円です。
時刻表や乗り場など詳細は伊予鉄道のホームページを見てください。

マップ

Googleストリートビュー

駐車場

character-icon2a

石手寺には有料駐車場無料駐車場があるぞ。
これが有料駐車場じゃ。

石手寺有料駐車場

character-icon1a

有料駐車場は、平日は普通車1時間で210円で土日は1時間260円です。
石手寺大門入り口の西側にあります。
料金の詳細は、いよ観光ネット「熊野山 石手寺」のページに掲載されています。
character-icon1a

無料駐車場は、石手寺大門入り口の東側にあって、お線香やお守りの購入や祈祷など、参拝する方を対象に無料で開放しているそうです。
これが無料駐車場です。

石手寺無料駐車場

character-icon1a

石手寺のホームページで紹介している無料駐車場のリンクを貼っておきます。
character-icon2a

有料と無料の駐車場で、およそ80台ほどは停められるそうじゃ。

character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

         

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

         
もこぼっくすSPバナー