【西予市】わらマンモス!2017年春にリニューアル~田んぼに巨大な親子が出現

西予市マンモスアイキャッチ
この記事の所要時間: 24

愛媛県西予市のJR伊予岩城駅近くの田んぼに、巨大な『わらマンモス』が出現!
こちらのわらマンモスは、第41回宇和れんげまつりのPRとして、2017年春にリニューアル
親子で田んぼを散歩するかのような、微笑ましい光景が注目を集めています。
おすすめのフォトスポットや撮影方法、アクセスなども詳しくご紹介していきます。

『わらマンモス』の出没場所

character-icon3b

ねぇ、ウシオお姉ちゃん。
この前、愛媛県西予市に出かけたら『わらマンモス』の親子に遭遇したんだよ!

西予市わらマンモス1

character-icon2c

マンモス、とな?
ジャック、夢でも見たんじゃないのか。
character-icon3c

そんなことないよー!
すっごく大きくて、本当に見たんだよ!

JR伊予岩城駅から見える!わらマンモス

character-icon1a

ジャック、私も見に行ったのよ!
JR伊予岩城駅の近くにあるわらマンモス』の親子のことよね。
character-icon3b

そうだったんだね!
ウシオお姉ちゃんも見てたんだ。
character-icon1b

わらマンモスの最寄り駅、JR伊予岩城駅はこちら。

JR伊予岩城駅外観写真1

character-icon1a

伊予岩城駅から、こんな感じで見えるのよね。

西予市わらマンモス2

character-icon3b

そう、その通り!
駅からこんな感じで見えたんだよね~。
気になって近くまで見に行っちゃったよ。

西予市わらマンモス3

作られた理由

character-icon3a

わらマンモスは、なんで作られたのかな?
character-icon1a

このわらマンモスは、2011年に西予市の観光協会と宇和わらぐろの会武蔵野美術大学の基礎デザイン学科が連携して『宇和れんげまつり』をPRするため作ったものなの。
こちらが、2017年のリニューアル前の様子よ。

西予市マンモスリニューアル前1

マンモスとわらぐろ|愛媛県西予市の観光物産サイトより

character-icon1b

西予市には『わらぐろ製作』という、伝統的なわらの保存方法を行っているの。

わらぐろは、収穫して干した乾燥ワラを、後日利用するために、現場で貯蔵しておくためのもの。運搬移動では場所もかさばり非効率のため、現地で積み上げておく生活の智恵です。
全国でその形、呼び名が地域によって様々にあり、わらぐろの呼び名は、四国全域と岡山・広島あたりまで。他の地域では、それぞれの呼び名で形も違います。

宇和わらぐろの会の活動内容より

character-icon2a

昔は、米の収穫時期を終えると余った藁で家を作っていたんじゃ。
食料倉庫や母屋などとして作って冬を越し、再び田植えの時期に入ると燃やして田んぼにしておったんじゃ。

西予市どんぐりの家1

character-icon1b

このどんぐりみたいた藁のお家は『わらぐろ』と呼ばれているのよ。
character-icon3b

可愛いお家だね!
お米を収穫したあと、こうやって藁を有効活用してたんだ~。
character-icon2b

その昔の知恵を使って、市の活性化に役立てておるんじゃな。
ますます、マンモスが愛らしく見えてきたわい。

大きさはどれぐらい?

character-icon2a

実際の大きさはどれぐらいあるんじゃろうか?
character-icon1a

まず、親のマンモスなんだけど、高さ約7m、幅3.5m、長さ10mあるの。

西予市わらマンモス親_稲穂1

character-icon1a

子どものマンモスは高さ3m、幅2m、長さ6mもあるのよ。

西予市わらマンモス子ども_れんげ1

character-icon2e

ふむ、写真で見ても大きさが分からんのぅ。
character-icon1b

じゃあ、これで比較できるかしら。
わたしの友人とマンモスの親子の写真よ。
ちなみに、友人の身長は163㎝よ。

西予市わらマンモス大きさ

character-icon2b

ほほう!
これは分かりやすい!
ウシオの友人を、ざっと3人分積み上げたぐらいの高さじゃな。
character-icon3b

ほんと大きいよね~。
親子を往復するだけでも、結構距離があるもんね~。

わらマンモスの親子の名前

character-icon3a

あと、わらマンモスの親子には、それぞれ名前があるんだったよね。
character-icon1b

そうなの!
親が『稲穂』(いなほ)で、子どもは『れんげ』って言うの。
石城小学校の生徒さんが名付け親なんだそうよ。
とっても可愛い名前よね。

大人が乗ってもOK!頑丈に作られています

character-icon2a

これだけ大きければ、乗っても良さそうじゃが、頑丈なのかのぅ?
character-icon1a

もちろん!
2017年のリニューアルで、わらの中に鉄骨を入れて、さらに頑丈に作ったそうよ。
マンモスの鼻の部分に乗ってもOKだそうよ。

わらマンモスの鼻1

character-icon3b

あと、子どものマンモスの鼻も乗って良いんだって。
乗って記念撮影しても良さそうだね。

おすすめの撮影方法

character-icon1a

あと、おすすめの撮影方法を紹介するわね。
character-icon1b

まずは、電車とのコラボ
さっきも話したけど、わらマンモスがいる田んぼは、JR伊予岩城駅から近いの。
電車の発着時間と合えば、こんな写真が撮影できるわよ。

わらマンモスと電車1

わらマンモスと電車2

character-icon3b

あっ、アンパンマン列車だ~!
character-icon1b

あと、田んぼの様子に合わせて撮影するのも良いわね。
こちらが、田植えのあとの様子よ。
水田に映るマンモスがきれいなのよ~。

マンモスと水田

水田を歩く親子|愛媛県西予市の観光物産サイトより

character-icon1a

あと、冬の雪が降った様子も!
まるで、北国にいるマンモスのようよね。

character-icon3c

すごーい!
日本じゃないみたいな風景だね。
character-icon2b

四季折々の様子が見られるのは、面白いのぅ。

わらアートと言えば、今治市の『稲わらイノシシ』も!

character-icon2a

そう言えば愛媛県内でもう一ヵ所、このわらマンモスのような『わらアート』を見たような気がするんじゃが。
どこだったかの~。
character-icon3a

今治市の『稲わらイノシシ』のことかな!
character-icon1b

そうそう!
現在、稲わらイノシシは田植えのためなくなってしまったけれど、お米の収穫が終わったら、また出現するかもしれないのよね。

わらシシとわらぐろ

(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon3b

そしたら、西予市のわらマンモスと、今治市の稲わらイノシシのコラボが見られるんだね!
楽しみだな~。
character-icon1a

どっちが大きいか見比べてみたいわよね!
character-icon2a

今治市の稲わらイノシシについての記事はこちらじゃ。
【大迫力巨大イノシシ発見!】笑シシ親子のわらアート2015

『わらマンモス』へのアクセス

character-icon1a

わらマンモス』へのアクセスを紹介するわね。

Googleストリートビュー

character-icon1a

周辺の様子が分かるようにGoogleストリートビューを貼っておくわね。
character-icon3b

マンモスが写ってないけど、場所はここで間違いないよ!

マップ

character-icon1a

マップはこちら!
わらマンモス』と入力して検索すると出てくるわよ。
character-icon2b

最寄り駅の『JR伊予岩城駅』から、徒歩約6分で行けるぞ。

駐車場

character-icon1a

専用駐車場はありません
田んぼの路肩に駐車してOKだそうよ。
character-icon3a

田植えや収穫時期は、農作業車の通行が多くなるから、気を付けて駐車してね。

Facebookページ

character-icon3a

西予市公式Facebookページで、わらマンモスのことやイベント情報を更新しているみたいだよ。
ぜひチェックしてね!

character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

         

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

         
マテリアクレープと海賊つうしん。LINE@コラボ
在宅ライタースマホバナー