【かわら館】菊間瓦の伝統を体験!巨大スライダーやバラ園など遊びのスポットも紹介

かわら館アイキャッチ画像
この記事の所要時間: 36

愛媛県今治市菊間にある『かわら館
こちらの施設では、愛媛県伝統的特産品にも登録された、700年以上の歴史を誇る・菊間瓦の歴史と伝統を学ぶことができ、体験することもできます。
かわら館のある『瓦ふるさと公園』には、梅やバラ園などの花スポットがあり、毎年5月には『かわら館フェスタ』というイベントも開催されています。
また、公園の敷地内には巨大ローラー滑り台コンビネーション遊具があり、お子さん連れでのお出かけにもぴったりです。
詳しい体験内容やアクセスなどをご紹介します。

『かわら館』菊間瓦を学んで体験できるスポット!

character-icon1a

みなさん、こんにちは!
今回は、愛媛県今治市菊間町の『かわら館』についてご紹介します。

瓦ふるさと公園1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon2a

菊間町と言えば、愛媛県伝統的特産品に登録されておる『菊間瓦』が有名じゃったな。
character-icon1a

そうなの。
このかわら館では菊間瓦を『見て・学んで・体験できる』スポットなのよ。
かわら館は、瓦ふるさと公園内にある施設なの。
公園内には、ジャックの大好きな巨大ローラー滑り台や遊具もあるのよ。
character-icon3b

巨大ローラー滑り台!
そりゃあ、早く遊んでみたいな~。

菊間瓦とは?

character-icon3a

ウシオお姉ちゃん。
さっき言ってた『菊間瓦』って何なのー?
character-icon1a

菊間瓦』は愛媛県今治市菊間町で、700年以上前から作られている瓦のことよ。
雨や湿度をしのぐ高い耐久性に優れていて、頻繁に葺き替えることなく、長く使えるという特徴を持っているの。
character-icon2a

確かに、屋根に使う瓦は、頑丈で長持ちなものが安心じゃな。
character-icon1b

今では『愛媛県伝統的特産品』として登録されているわよ。
詳しくはこちら。
愛媛県伝統的特産品について|公益財団法人 えひめ産業振興財団
character-icon3b

愛媛県を代表する伝統工芸品なんだね~。
character-icon1a

そうなの。
菊間瓦にはいろんな種類があるんだけど、鬼瓦という瓦も作っているの。
こちらは、瓦ふるさと公園の入り口にあるわよ。

菊間瓦

character-icon3c

う、うわ~っ!
ほんと鬼みたいな瓦だね。
character-icon1b

鬼瓦は菊間瓦のひとつで、魔除けとして昔から親しまれているのよ。
こんなに怖い顔だったら、悪いものも寄り付くことなく逃げてしまいそうよね。
character-icon2a

家の守り神のような瓦なんじゃな。
ワシの時代にも欲しかったのう~。

かわら館で菊間瓦を学ぼう!

character-icon1a

まずは、こちらの『かわら館』を紹介するわね。

かわら館外観写真1

character-icon3b

すごーい!
雄大な建物でカッコ良いね!
character-icon1b

館内には、菊間瓦にまつわる品々やミニチュア模型が展示されていて、菊間瓦の歴史を学ぶことができるわよ。
館内の詳しい様子はこちらをご覧くださいね。
館内のご案内 | かわら館

かわら館の開館時間・入館料について

character-icon1a

かわら館の開館時間入館料についてはこちら。
住所 愛媛県今治市菊間町浜3067
電話番号 0898-54-5755
開館時間 9:00~17:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日休み)
ホームページ http://www.city.imabari.ehime.jp/kouen/kawara/
character-icon1b

入館料についてはこちら。
大人 200円
子ども(小・中・高校生) 100円
団体(20名以上) 大人160円、子ども80円
character-icon1a

障がい者の方は、入場無料となります。
身体障がい者手帳など、証明できるものをお持ちくださいね。

実習館で瓦粘土を使った作品を作って体験しよう!

character-icon1a

ねぇ、ジャック。
実際に瓦を作ってみない?
character-icon3a

えっ、そんな体験ができるの?
やってみたーい!
character-icon1b

瓦粘土を使って作る『ねんどDEあそぼ』っていう体験ができるの。
場所は、こちらの実習館で行うのよ。

瓦ふるさと公園実習館1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon2b

ほほう、瓦を作るとな。
記念やお土産にも良さそうじゃな。
character-icon1b

そうなの。
世界で一つだけのオリジナルの瓦を作ることができるわよ。
あと、瓦粘土の肌触りや感触もじっくり手で感じてみてね。
『ねんどDEあそぼ』で作る作品の詳細はこちらをご覧ください。
ねんどDEあそぼ(実習館)紹介 | かわら館

ねんどDEあそぼ手形

character-icon3b

うんうん。
瓦粘土を触る機会なんて、めったにないもんね。
ボクも手形を作ってみようかな。

実習館の開館時間と体験費用について

character-icon1a

実習館の開館時間などの詳細情報はこちら。
ねんどDEあそぼを体験するなら、まずかわら館で受付を行ってね。
開館時間 9:00~17:00
受付時間 9:00~15:00
休館日 毎週月曜日(ただし祝日の場合は翌日)
1月1~3日及び12月29~31日
character-icon2a

ねんどDEあそぼの体験費用はこちらじゃ。
3作品以上作る場合は、作品1つにつき300円の費用が必要になるそうじゃ。
『ねんどDEあそぼ』製作費用・2作品 500円
3作品目から 300円/個
character-icon1a

また、実習館使用料も必要です。
下は、6人1組で1時間の使用料です。
実習館使用料(6名様1組) 200円/1時間
character-icon2a

もし、8人で参加する場合は400円必要だそうじゃ。
6人までなら200円となるぞ。
character-icon1a

また、平日に体験したい場合は、事前に予約が必要になるわ。
休日は先着順で体験できるわよ。
予約・お問合せは、先ほど紹介したかわら館へ連絡してね。

瓦ふるさと公園で遊ぼう!

character-icon3a

かわら館は、瓦ふるさと公園の中にあるって言ってたよね。
公園内も案内してほしいな~。
character-icon1b

もちろん!
見どころを順番に紹介するわね。

瓦ふるさと公園のエリアマップ

character-icon1a

まずは、こちらの瓦ふるさと公園のエリアマップを見てね。

瓦ふるさと公園エリアマップ

character-icon3a

いろんな施設があるんだね。
楽しみだな~。

展望時計台や瓦のレリーフなどの作品を歩いて見てみよう!

character-icon1a

瓦ふるさと公園内には、たくさんの瓦作品が点在しているの。
こちらの展望時計台も瓦で作られているのよ。

展望時計台1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon3a

レトロ感があって、おしゃれだね~!
character-icon1b

そうでしょ~。
その周辺には、大きな瓦のレリーフがあるわよ。

瓦のレリーフ1

character-icon1b

大きな瓦に様々な絵が描かれているわ。
どれも力強い作品で素敵よね。

瓦のレリーフ1

character-icon3a

あっ、こんなところにねずみの像があるよ!
これも瓦でできてるのかな?

ねずみ1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon1b

そうなの。
公園内に十二支の瓦の像があるの。
お散歩しながら、12体全部見つけてみてね。
character-icon3a

よっし!
歩いて見つけてみるぞー!

巨大なローラー滑り台とコンビネーション遊具

character-icon3a

ねぇねぇ、公園内には遊具はあるのかな?
character-icon1a

もちろんよ!
かわら館の南側には、コンビネーション遊具があるわよ。

コンビネーション遊具1

character-icon1b

滑り台が数か所あって、身体いっぱい動かして遊べそうよね。

コンビネーション遊具2
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon3b

うわ~!
遊び応えがありそう~!
character-icon1a

さあ、ジャック!
最初に話した巨大ローラー滑り台はこちらよ。

ローラー滑り台1

character-icon3c

う、うわ~!
ぐるぐる巻いてるような滑り台だね!
character-icon1a

長さは、約120mあるのよ。
ローラー滑り台を滑るときの注意事項はこちらね。

ローラー滑り台注意事項1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon1b

スタート地点には鬼瓦が待っているわよ。

ローラー滑り台2
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon3b

うわ~!
ここからの眺め、すごく良いね~!

ローラー滑り台3

character-icon1b

瀬戸内海をパノラマビューが見られるのも魅力のひとつなのよね。
ローラー滑り台を滑ってみた様子を紹介した動画を紹介するわ。

character-icon2b

海風を感じて滑ると、気持ちが良いじゃろうな。
character-icon1a

また、ローラー滑り台の利用時間は、9:00~16:30までよ。

ローラー滑り台利用時間
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon2a

かわら館の休館日は利用できないそうじゃ。
休館日は、下の『瓦ふるさと公園の詳細情報とアクセス』から確認するんじゃぞ。

観梅スポット!物見やぐらから見物しよう

character-icon1a

公園内には梅の木が植えられていて、見頃の時期には遊歩道を囲むように開花して、とっても綺麗なのよ。
こちらの写真は、梅の花が開花したときの様子ね。

瓦ふるさと公園梅の木1

character-icon2b

鮮やかに咲いておるのぅ。
花見にもぴったりじゃな。
character-icon1b

そうなの!
見物するなら、こちらの『物見やぐら』を登ってみてね。

物見やぐら1

character-icon3a

良い眺めなんだろうな~。
梅の開花時期に行ってみなくちゃ。

バラまつり『かわら館フェスタ』イベントを開催

character-icon1a

瓦ふるさと公園では、毎年5月に『かわら館フェスタ』というイベントが開催されるの。
character-icon3a

どんなイベントなのー?
character-icon1b

バラまつりとも呼ばれていて、公園内のバラ園に植えられた100種900株のバラが見頃を迎えた時期に開催されるイベントなの。
バザーやバラの苗販売、フォトコンテストなどが開催されて、たくさんの人で賑わうそうよ。

かわら館バラ園1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon1b

中には、宇宙を旅したバラなど、珍しい品種のものもあるのよ。

宇宙を旅したバラ1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

character-icon3b

宇宙を旅したバラ!
どんなバラなのか気になるね!
character-icon2b

美しいのぅ~。
フォトスポットとしても注目されそうじゃな。

瓦ふるさと公園の詳細情報

character-icon1a

瓦ふるさと公園の詳細情報とアクセスについてまとめたわよ~!
住所 今治市菊間町浜3067
お問合せ先 かわら館(0898-54-5755)
開園時間 24時間入園可
休園日 なし
更新日 平成29年8月15日

かわら館・瓦ふるさと公園へのアクセス

character-icon1a

かわら館・瓦ふるさと公園へのアクセスを紹介するわ。

Googleストリートビュー

character-icon1a

周辺の様子が分かるように、Googleストリートビューを貼っておくわね。

マップ

character-icon1a

マップはこちらを確認してね。
最寄り駅は『JR菊間駅』よ。
character-icon3b

徒歩約3分で行けるみたいだね!

駐車場

character-icon1a

駐車場はこちら。
約85台分あるわよ。

瓦ふるさと公園駐車場1
(写真提供:Yumiko Tamai様)

近隣の観光マップ「ついでにおいでや」

character-icon3f
愛媛県今治市の観光マップだよ!ついでに行きたいところをピックアップしたからね。マップ内の数字をクリックして関連記事にも飛ぶことができるよ。

今治市周辺の観光案内

character-icon4f
特集した関連記事に飛ぶから、ついでにアクセスしてみてね!

①・今治みなと交流センター「はーばりー」
②・今治城
③・亀老山
④・大山祇(おおやまづみ)神社
⑤・タオル美術館ICHIHIRO
⑥・糸山公園
⑦・のまうまハイランド
⑧・かわら館

⑨・サイクリングターミナル・サンライズ糸山
⑩・村上水軍博物館
⑪・道の駅 よしうみいきいき館
⑫・カレイ山展望公園
⑬・鈍川温泉
⑭・ドルフィンファームしまなみ
⑮・イオンモール今治新都市


character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

         

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

         
在宅ライタースマホバナー