『臥龍山荘』ミシュランにも選ばれた!大洲に佇む重要文化財で癒しの時間を過ごそう!

臥龍山荘アイキャッチ
この記事の所要時間: 320

伊予の小京都と呼ばれている愛媛県大洲市
その大洲市の中でも特に京都を感じさせる臥龍山荘(がりゅうさんそう)をご存知ですか?
2011年に「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」一つ星を獲得し、国内外から注文を集めるスポットです。
およそ100年前に建てられたその山荘は、日本ならでの建築美美しい日本庭園を味わうことができます。
大洲市を流れる肱川(ひじかわ)沿いに位置し、山荘からの眺めは日々の喧騒を忘れさせてくれる癒しの時間となることでしょう。
この記事ではそんな趣きたっぷりな臥龍山荘の魅力を詳しくお伝えします。


【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

臥龍山荘とは?

character-icon2c

ウシオよ、大洲市にある「臥龍山荘」(がりゅうさんそう)を知っておるか?
character-icon1d

がりゅうさんそう?
全然知らないけど、それはどんな場所なの?
character-icon2c

臥龍山荘とは愛媛県大洲市にある山荘のことじゃ。
それは見事な建造物と、美しい日本庭園を見られるぞ。
大洲市は「伊予の小京都」と呼ばれているくらいじゃからな。
character-icon4b

臥龍山荘は私も聞いたことがあるわ。
確か「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得しているのよね。
前から一度行ってみたかったのよね。
character-icon1c

そんなすごい場所があったなんて知らなかったわ。
ねぇ、もう少し臥龍山荘の歴史について教えてくれないかしら?
character-icon2c

よかろう。
臥龍山荘は河内寅次郎という大洲市の実業家が明治40年に完成させた山荘じゃ。
明治40年というと1907年じゃから、今から100年以上も前に建てられたわけじゃな。
寅次郎は老後の余生を過ごすために大洲市随一の景勝地である臥龍淵を選び、様々な技巧を凝らして長い歳月をかけて完成させた。
その後、臥龍山荘は大洲市や愛媛県の指定文化財に選ばれ、2016年には3つの建物が国の重要文化財に指定されておる。
character-icon1a

それだけ立派な建物なんだね。
いったいどんな建物なのかな?
早速行ってみましょう。

臥龍山荘入口


「広告」ご依頼はこちら

臥龍院(がりゅういん)~季節を表現した間

character-icon4b

さぁ、臥龍山荘に着いたわよ。

臥龍山荘門

character-icon1a

わぁ、いきなり雰囲気の素敵な門だね。
中がどうなっているか楽しみだわ。
character-icon4c

これは期待が高まるわ。
ささ、門をくぐってみましょう。
character-icon2c

門をくぐったらまず見てほしいのがこれじゃ。
ほれ、石垣の間から木が出ているのが見えるかの?
それに石垣の中に石臼が紛れているのもポイントじゃぞ。

石臼とチシャの木

character-icon4a

ホントだわ!
自然との共生とか、何か色々なことを考えさせられるわね。
character-icon2a

臥龍山荘は全部で3つの建物があるのじゃが、
まず最初は「臥龍院」(がりゅういん)と呼ばれる建物から見るとしよう。
臥龍院には4つの季節を表現した間があるのじゃが、入口の頭上に「花は開く太平の春」と書いてあるのが分かるかの?
入口は「迎礼の間」(げいれいのま)と呼ばれており、春にあたる部屋というわけじゃ。
今でも玄関として、また受付としての役割も担っておるぞ。

臥龍院入口

character-icon4a

玄関の部屋からちゃんと意味があるのね。
さすがだわ。

清吹の間(せいすいのま)

character-icon2c

そしてこちらが「清吹の間」(せいすいのま)じゃ。
その名の通り夏にあたる部屋で、他の部屋よりも風通しがよくなるよう作られておる。
水をあしらった透かし彫りが見事じゃろう。

清吹の間

character-icon1a

これぞ匠の技だね!
とっても涼しげな空間だわ。

透かし彫り

壱是の間(いっしのま)

character-icon2a

続いて秋にあたる「壱是の間」(いっしのま)じゃ。
壱是とは「すべて」といった意味があることからこの部屋が臥龍院のメインとも言える場所じゃろう。
この部屋の縁側から見える庭園は見事じゃぞい。
秋には実際に紅葉を楽しむこともできるじゃろう。

壱是の間

character-icon4b

縁側に座ってじっくりと庭園を眺めるなんて贅沢な空間だわ。
どれだけいても飽きなさそうな部屋ね。

臥龍院縁側

霞月の間(かげつのま)

character-icon2c

それから最後に冬にあたるのが「霞月の間」(かげつのま)じゃ。
あえてねずみ色になっている襖やコウモリの細工が印象的じゃな。

霞月の間

character-icon1a

冬の寂しさを感じさせる部屋になっているのね。
随所に細かい工夫があって素敵だわ。

霞月の間(かげつのま)

character-icon2c

以上が臥龍院じゃ。
これだけもずいぶんと楽しめるが、残り2つの建物を見に行くとしよう。
残りの建物に行くには、いったん臥龍院を出て庭園を進んでいくことになるぞい。
character-icon1b

まだ他にも建物があるんなんて!
次はどんな建物なのかしら。

臥龍院外から


【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

知止庵(ちしあん)~庭園と小さな茶室

character-icon2a

さて、臥龍院の外に出て庭園へやってきたぞ。
この飛び石といいといいどれも見事じゃろう。

臥龍山荘庭1

character-icon4c

これは素晴らしいわ。
一つ一つ手入れが行き届いている証拠ね。

飛び石

character-icon1b

これは生け花なのかな?
お花が綺麗に飾られていて、とっても癒されるわ。

生け花

ぼたん苔

character-icon2c

しかもこの庭園にはちょっと珍しい苔も生えておる。
「ぼたん苔」というのじゃが、育つのに通常100年を要する。
ただこの臥龍山荘では環境がよいので60~70年で育つようじゃがの。
ほれ、この色が白くなっている部分がその「ぼたん苔」じゃ。

ぼたん苔

character-icon1c

ものすごい年月だわ!
それだけこの臥龍山荘は長い間守られてきたんだね。

知止庵(ちしあん)

character-icon1a

この建物は何かしら?

知止庵

character-icon2a

これが2つ目の建物「知止庵」(ちしあん)じゃ。
元々は浴室として建てられたそうじゃが、後に茶室に改造されておる。
中に入ることはできないが、小さな入口から中を覗き見ることはできるぞ。
「知止」とは「どこで止めるかを知る」という意味合いで、今どきの言葉なら「何事もほどほどに」といった所じゃの。
この小さな庵にピッタリな言葉と言えよう。
character-icon1d

私はまだ色んなことを知りたいから、まだこの中に入るのはちょっと早いかもね。
character-icon2b

ハッハッハ。確かにウシオにはまだ早いかもしれんな。

潜龍洞~氷室(ひむろ)

character-icon2c

それからあそこに扉があるのが見えるかの?

潜龍洞

character-icon1c

確かに扉があるけどあれは何かしら?
character-icon2a

あれは潜龍洞という名の氷室(ひむろ)でな、今でいう冷蔵庫じゃ。
さて、いよいよ最後の建物へと進むぞい。

建築家と家を建てたい人を繋ぐ記事のバナー
「広告」ご依頼はこちら

不老庵(ふろうあん)~崖の上に建てられた庵から肱川を臨む

character-icon2c

臥龍山荘の一番奥にある建物が「不老庵」(ふろうあん)じゃ。
見ての通り崖の上に建っていて、臥龍山荘の中で一番見応えのある建物となっておる。

不老庵1

character-icon4c

まぁこれはすごいわね!
それに建物の向こうには肱川が見えるわ。
さぁ中に入ってみましょう。

不老庵中

character-icon1b

んー風が気持ちいいし、ほんとこの眺めは最高だね!
いつまでもここにいたくなるよ。
character-icon2b

まこと素晴らしい眺めじゃな。
眼下には肱川、そして正面には冨士山(とみすやま)がハッキリと見えるわい。
character-icon4b

それにここでは日曜日限定で本格的なお茶をいただけるようね(※別途400円)
伝統的な建物と絶景とお茶の組み合わせなんて、とっても素敵!

不老庵外

character-icon2c

それからこの不老庵の天井の形にも注目じゃ。
ほれ、弧を描いておるじゃろ?

不老庵天井

character-icon1c

ホントだ!これはどうしてなの?
character-icon2a

この不老庵は建物を「船」に見立てて作られておるからじゃ。
天井の曲線は、船底の曲線というわけじゃな。
寅次郎が余生をどのように考えていたかが、何となく想像できるの。

不老庵3


【スポンサーリンク】
「広告」ご依頼はこちら

蓬莱山(ほうらいさん)~臥龍の名の由来

character-icon1a

タケヨシさん、そういえば臥龍山荘は何で「臥龍」って呼ばれているのかな?
character-icon2b

さすがウシオ、よいことに気が付いたの。
その名前の由来は対岸から見るとよくわかるぞい。
character-icon4a

対岸に行くには少し距離がありそうね。
歩いていけない距離じゃないから、気になる人は下の地図を見て行ってみてね。

character-icon2c

さて、対岸に着いたぞい。
左に見えるのが先ほどの不老庵、右手に見えるのが蓬莱山(ほうらいさん)という小島じゃ。
対岸からだと不老庵の足場である「懸け造り」がよく見えるじゃろう。

蓬莱山

character-icon1c

うわー!ほんとに崖の上に建っていたんだね!
それで臥龍の名前の由来は?
character-icon2a

臥龍は「龍が臥せる」という意味じゃが、右手の蓬莱山がちょうど龍が臥せている(横になっている)姿に見えるから「臥龍」というわけじゃ。
character-icon1b

なるほど!
せっかく臥龍山荘に来たなら、山荘だけじゃなく臥龍も一緒に見なきゃだね。
character-icon4a

蓬莱山にも歩いて行くことができるみたいよ。
時間がある人は行ってみるといいかもね。

不老庵遠くから


今治市のタオル会社の求人
「広告」ご依頼はこちら

基本情報~場所・営業時間・アクセスなど

character-icon4a

最後に臥龍山荘の基本情報をまとめておくわね。
観覧料は通常500円だけど、おトクな大洲城との共通券もあるわ。
大洲城も大洲を代表する観光スポットだから、一緒に行ってみたらどうかしら?
大洲城については下の海賊つうしん。の記事を参考にしてね。
【大洲城】武将になって旗振りへGO!日本の城ランキング16位に選ばれた魅力に迫る
住所 〒795-0012 愛媛県大洲市大洲411番2
電話番号 0893-24-3759
営業時間 9:00~17:00(札止め16:30)
観覧料 【臥龍山荘のみ】大人500円 小人200円
【臥龍山荘・大洲城】大人800円 小人300円
休園日 なし ※平成30年6月11日(月)~6月16日(土)は臨時休業
駐車場 なし ※大洲まちの駅「あさもや」の駐車場を利用(無料)
ホームページ 臥龍山荘公式サイト

アクセス~まちの駅「あさもや」を利用しよう

character-icon2a

最寄駅はJR予讃線の「伊予大洲駅」じゃが、歩くと25分くらいと少し遠い
伊予大洲駅からは伊予鉄南予バス、宇和島自動車バスもしくは市内中心部循環バス(ぐるりんおおず)を利用するとよいじゃろう。
伊予鉄南予バス、宇和島自動車バスの場合は「大洲本町」で、市内中心部循環バスは「あさもや前」で降りることになるぞ。
それぞれ下記のホームページを参照するとよい。

伊予鉄南予バス 伊予鉄道~伊予鉄南予バス
宇和島自動車バス 宇和島自動車株式会社~大洲野村支線
市内中心部循環バス 大洲市ホームページ~市内中心部循環バス
character-icon4a

それから車でのアクセスだけど、大洲まちの駅「あさもや」を利用するのがオススメよ。
駐車場は無料で、大洲の色んなお土産を買うこともできるし、観光案内所もあるの。
「あさもや」へは松山自動車道(大洲道路)の「大洲肱南インター」を降りれば数分で着くことができるわ。

あさもや

地図~おはなはん通りを歩いて臥龍山荘へ

character-icon1a

バス停や「あさもや」から臥龍山荘までは5分ほど歩くことになるよ。
地図を貼っておくね。

character-icon1b

それから途中は「おはなはん通り」という江戸・明治の町並みを残した道を通るのだけど、こちらも風情があって楽しめるわ。
伊予の小京都を感じながら臥龍山荘を目指してね。
おはなはん通り~大洲市観光協会ホームページ

おはなはん通り

Googleストリートビュー

character-icon1a

最後にストリートビューを紹介します。
なんと臥龍山荘の庭園を少し見ることができるの。
雰囲気を感じて興味が湧いたらぜひ足を運んでみてね。


character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

「広告」ご依頼はこちら
【スポンサーリンク】

今治市のタオル会社の求人