【大山祇神社】国宝の山!しまなみ海道に鎮座する神秘のパワースポット

大山祇神社
この記事の所要時間: 233

愛媛県今治市の沖、大三島(おおみしま)に鎮座する大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)
境内には推定樹齢2600年の大楠があり、古代からこの地を見守ってきたことをうかがわされます。
『日本総鎮守』と称され、数々の著名人や名立たる武将たちも尊崇した神社は一度訪れる価値があります。
また、隣接する宝物殿は国宝の山!
パワースポットとしても注目を浴びる大山祇神社で心静かにパワーを感じてみてはいかがでしょう。

大山祇神社とは

character-icon2a

ジャック!今治市沖の大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)を知っておるか?

大山祇神社

character-icon3a

えー?ボク、まだ行ったことないやー。
character-icon2a

大山祇神社は古代から地の神、海の神、兼備の大霊神として『日本総鎮守』と称され、歴代の朝廷や武人、政治家などからも尊崇されてきておるんじゃぞ。
character-icon1b

大山祇神社のある大三島は昔は御島(神の島)ともいわれた神聖な地なのよね。
character-icon2a

そうとも。
御祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)の兄神、大山祇神(おおやまづみのかみ)じゃ。この田舎にありながら、全国の山祇神社、三島神社の総本社なのじゃよ。

案内図

character-icon1a

最近では、四国随一のパワースポットとしても注目を集めているわよ。
character-icon2b

今年度(平成28年度)に文化庁が認定した「日本遺産(Japan Heritage)」“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-の構成要素にもなっておるぞ。
character-icon3a

へー。難しいことはよくわからないけど、すごい神社なんだね!
character-icon2c

ジャックにはまだ難しかったかのぉ。
しかし、この地を訪れれば自然とその「気」を感じられるじゃろう。一度訪れてみるといいぞ。なにしろ、わしら村上海賊とも縁の深い地じゃ。
character-icon3b

へー!海賊のタケヨシさんのオススメなんだね。
ボクも興味がわいてきたなー!

パワースポットー推定樹齢2600年の大楠と楠群

character-icon2a

ジャック!この木を見てみるんじゃ。

推定樹齢2600年の大楠

character-icon3b

うわぁー、大きな木だねー!!すごいやー!!
character-icon2b

推定樹齢2600年とされる大楠で、大山祇神社の御神木じゃよ。
character-icon1c

えー?!今って西暦2016年よね?!! 2600年って・・・!!
character-icon2a

古代からこの地を見守ってきた大楠の下に立つと、心が洗われて清らかになるような、心の内側からパワーがみなぎってくるような気持ちを感じるんじゃ。

大楠

character-icon1a

うわぁー! 写真を見ているだけでも精霊が宿っていそうな雰囲気を感じるわー!
character-icon3a

パワースポットって呼ばれるわけだね。
character-icon1b

縁結び、結婚運、仕事運、勝負運、健康運などのご利益があると言われているわよ。ここ1番!っていう大勝負の前に祈願するといいらしいわ。
言い伝えでは、息を止めて木の周りを3周すると願い事が叶うとも言われているのよ。
character-icon2b

ウシオよ。この写真を見てみるんじゃ。見学に来ている子供たちがおるが、何人ならんだら木の周りを1周できるんじゃろうのぉ。

樹齢2600年の大楠

character-icon1c

本当だー!とーっても大きいのね!!
character-icon2a

大山祇神社には多くの楠の木が植えられておって、心地よい木陰を作っておるぞ。大山祇神社の楠群は、日本最古の原始林社叢の楠群として国の天然記念物に指定されておるんじゃ。

楠郡

character-icon1b

まるで神社を守るかのような楠群ね。すごく癒されそうだわ。
character-icon2a

境内内には、初代総理大臣伊藤博文が参拝した際に記念植樹した楠の木もあるんじゃ。

推定樹齢3000年の楠

character-icon1a

自然の偉大さや古くから尊崇されてきた大山祇神社の歴史を感じるわね。

名立たる武将や著名人も尊崇する荘厳なる大山祇神社

character-icon2a

先に大楠を紹介してしまったが、鳥居をくぐってまず1番に目にするのは、総檜造りの総門じゃ。

総門

character-icon2a

この総門は古図をもとに2010年に再建されたまだ新しいものなんじゃよ。
character-icon1a

とても立派な門ねー!
今は新しくて、古いものが多い大山祇神社の中で浮いた存在にも見えてしまうけど、これから幾百年と歴史を刻んでいくのかしらね。
character-icon2a

そうじゃの。ここで静かに参拝客を見守ってくれるであろうのぉ。
character-icon2a

境内を歩いて、先に紹介した大楠を過ぎれば、拝殿が見えるぞ。

拝殿

character-icon3c

とても厳かな雰囲気だねー!
character-icon2a

うむ。拝殿も本殿も国の重要文化財に指定されておるんじゃ。
このあたりも「気」が満ちておるパワースポットといわれておるぞ。
character-icon2a

拝殿から延びる回廊には、この神社に参拝に来られた著名人の写真が飾られておるんじゃ。

回廊

character-icon1a

どんな方たちの写真があるのかしら?
character-icon2a

そうじゃのぉ、先にも紹介した初代総理大臣の伊藤博文、連合艦隊司令長官の山本五十六など歴代の総理大臣や著名な軍人、政財界の重鎮などの名前を見つけることができるぞ。皇室の方々も参拝に来られておるしのぉ。
character-icon1a

すごい面々ね!この大山祇神社がいかに尊崇されているかがよくわかるわね。
character-icon2b

そのとおりじゃな。
大山祇神社には歴史を感じる部分も多くあるのぉ。あとは、ワシが云々言うよりは、写真を見てもらおうかのぉ。

『村上海賊の娘』に記される大山祇神社と連歌

character-icon1c

そういえば、2014年本屋大賞を受賞した和田竜先生の『村上海賊の娘』でも大山祇神社が出てきたわね!
村上海賊の娘の本
村上海賊の娘 上巻・下巻
character-icon2c

ウシオ!よく覚えておったのぉ~。
character-icon1b

えっへん!(笑)
character-icon2a

我等が村上海賊も出陣する前には、この大山祇神社で神事を行っておったんじゃ。神事とはどんなことかわかるかの、ウシオよ。
character-icon1a

えーっと、、たしか『村上海賊の娘』の中では、歌を詠んでたんじゃなかったかしら?
character-icon2b

そのとおりじゃ!
小説の中では、ワシが出陣を渋って長引かせるために「万句連歌興行」といっての一万句繋げていったんじゃが、実際の多くは「百句連歌」を興行しておったのじゃ。その当時の連歌は今でも残っており、これもまた日本遺産として認定された“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-の構成要素にもなっておるんじゃよ。

社紋とFC今治

社紋

character-icon2a

神社には社紋といって、いわば家紋のようなものがあるんじゃよ。
character-icon3c

あ!ボク、このマーク見たことあるよ!
これでしょ?!

pict_emblem

character-icon1c

ジャック!それって、、 元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治のエンブレムじゃない!!
character-icon2b

ジャック!よく気づいたのぉ!
character-icon1c

え?!じゃぁ、本当に大山祇神社と関係があるの?!
character-icon2a

本来の意味は、神事に供物を供える台を上から見て、三の字を供えたものが折敷三文字紋というらしいのじゃがの。
character-icon2a

大山祇神社の社紋はこのあたり一帯を本拠地としていた水軍の旗印としても用いられたんじゃ。そのことから、今治から世界に向けて船出するという思いを込めて、この紋をFC今治のチームエンブレムに取り入れたと聞いておるぞ。

見逃せない!宝物館は国宝の山

character-icon2b

海賊衆のことが絡むとワシもついつい熱くなってしまうのぉ~。
character-icon1a

さすが、海賊王タケヨシさんね!
character-icon2a

へへへ。。(笑)
しかし、ウシオよ。大山祇神社を訪ねたなら、ぜひ足を運んでもらいたい場所がもう1つあるんじゃよ。

宝物館

character-icon2a

大山祇神社にある宝物館じゃ。
character-icon3a

宝物館ってことは、お宝ザックザックなんでしょ?!
character-icon1a

ジャックー!!(笑)
character-icon2b

まぁ、あながちハズレではあるまい。
character-icon3c

本当にー?!
character-icon2a

この宝物館では、全国で国宝や重要文化財の指定を受けた武具類の8割を収蔵しておるんじゃ。武蔵坊弁慶が奉納したと伝わる薙刀や、源義経や源頼朝が奉納した鎧など誰しもが学校で一度は習ったことのあるような歴史上の重要人物や武将の奉納品が展示されてあるんじゃ。
character-icon1a

へー!知らなかったわ。
武具類や武将たちが好きな人にはたまらないわね!
character-icon2b

そうじゃな!価値あるものが多数あるから見逃さんようにしておくれよ。
どうだ、ジャック!お宝ザックザックじゃろ?!ハッハッハ・・・
character-icon1b

宝物館は8:30~17:00(入館は16:30まで)で、
入館料は、大人1000円/高校・大学生800円/小・中学生400円なのね。

大山祇神社へのアクセスと駐車場

character-icon1b

大山祇神社は、大三島ICから車で約10分のところよ。自転車の場合は、多々羅大橋の自転車道で入り口から約30分くらいかしら。
character-icon2a

専用の駐車場はないから、近隣の無料町営駐車場を利用してほしいのぉ。

近隣の観光マップ「ついでにおいでや」

character-icon3f
愛媛県今治市の観光マップだよ!ついでに行きたいところをピックアップしたからね。マップ内の数字をクリックして関連記事にも飛ぶことができるよ。

今治市周辺の観光案内

character-icon4f
特集した関連記事に飛ぶから、ついでにアクセスしてみてね!

①・今治みなと交流センター「はーばりー」
②・今治城
③・亀老山
④・大山祇(おおやまづみ)神社
⑤・タオル美術館ICHIHIRO
⑥・糸山公園
⑦・のまうまハイランド
⑧・かわら館

⑨・サイクリングターミナル・サンライズ糸山
⑩・村上水軍博物館
⑪・道の駅 よしうみいきいき館
⑫・カレイ山展望公園
⑬・鈍川温泉
⑭・ドルフィンファームしまなみ
⑮・イオンモール今治新都市


character-icon1f
いつも最後まで読んでくれてありがとう~。
良かったらシェアして友達にも教えてあげてね!
また関連する記事もあるので、そちらもチェックしてね。

関連記事・一覧

         

海賊つうしん。のSNSをフォローして継続的に最新情報をGET!

         
記事広告募集中