今治観光

天使は奇跡を希う(@今治/観光)小説の舞台に行く聖地巡礼ガイド

2017年3月28日

ミリオンセラー作家・七月隆文氏の小説『天使は奇跡を希う』が2016年11月に発売され話題になっています。
文庫の表紙カバーイラストは、『君の名は。』で超人気イラストレーターの田中将賀氏。
小説の舞台は、瀬戸内海・愛媛県今治市。作中には実在の名所・風景・お店などが登場し、今治市を知る人は頭の中で実写化できてしまうほど!
本記事では、聖地巡礼風に小説に登場する場所・モノなどを紹介していきます。
ネタバレありますので、気をつけてくださいね。

~広告~


~広告~

話題の小説!七月隆文『天使は奇跡を希う』

ねぇ、ウシオちゃん、七月隆文さんの『天使は奇跡を希う』(てんしはきせきをこいねがう)はもう読んだかしら?
越智さん

うしお
もっちろん、読んだわよー!
ミリオンセラーで映画化された『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の著者、七月隆文さんの作品で、カバーイラストは『君の名は。』でキャラクターデザインと担当した田中将賀さんが手がけているから、ジャケ買いした人も多いんじゃないかしら?
そうね。人気作家と人気イラストレーターのコラボ作品ですものね。
小説もよくてね~、話の展開にビックリして、高校生たちの青春・恋愛にキュンキュンしちゃったわよ~。
越智さん
うしお
YouTubeに著者の七月隆文さんのメッセージがあったわよ。

私はもう何回も繰り返し読んでは泣いてるわよ。
そういえば、3月15日深夜放送の『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)の『レーザー読書』のコーナーでも取り上げられていたわね。
越智さん
年間200冊以上を読破するメイプル超合金のカズレーザーさんが、今話題の5冊の本を読んでランク付けするんだけど、『天使は奇跡を希う』は2位になったのよ~。
越智さん
うしお
わぁ~。そうだったんだぁ~!
1位じゃなかった理由は、カズレーザーさんが表紙にキャラクターのイラストが描いてある小説が嫌いってことらしいの。。。
ステキなイラストなのにね~。
越智さん

~広告~


~広告~


今治駅から徒歩2分

舞台は愛媛県今治市

うしお
『天使は奇跡を希う』の舞台は愛媛県今治市なのよねー!
実在するお店などがいっぱい出てきてて、ビックリしちゃったー!
そうそう!今治のことをよく知っている人は、小説を読みながら頭の中で実写化できるほどだったわね。
あの通りを自転車で通ってるのねぇ~とか考えながら読むと、より一層楽しめるわよ~。
越智さん
うしお
今治のことを知らない人にも、どんなところが小説に登場しているのか紹介してみましょうよ!
ここからは『ネタバレ』ありますので、要注意ですけどね。

今治市の町並み

今治市の町並みから、まず登場するのが今治市公会堂前のオブジェだったわね。
越智さん

うしお
そうそう!普段、何気なく通り過ぎている時は気にもとめてなかったけど、
改めて見るとこんな大きなのがあったのねー。
これは、船のスクリューなの、今治は造船が盛んな町だからねっ。
そして、その後ろの今治市公会堂丹下健三さんがが設計した建物よ。
越智さん
住所愛媛県今治市別宮町1丁目4?1
駐車場あり(今治市役所/有料)
うしお
それから、『商業施設』と書いて『フジグラン』とルビをふってあるのに笑いながら納得しちゃったー。
そのあとのフジグランまでいく道筋が、実際の地図通りでビックリして興奮しちゃったわね~。
越智さん

 最寄りのスーパーであるマルナカを通り過ぎ、銀座商店街のアーケードに向かう。入った右手に個人経営の書店があるから、まずはそこで文庫や漫画をのぞいていこう。

七月隆文『天使は奇跡を希う』(文春文庫、2016年)35頁

うしお
そうそう!上のGoogle ストリートビューを見てもらったらわかるけど、『マルナカ』『銀座商店街』『個人経営の書店』も実在してるのよ!
小説の中とまったく同じようにね!

小説に登場する名所・風景

小説の中には、いろいろな名所も出てきたわね。
越智さん

しまなみ海道(来島海峡大橋)

うしお
最初に優花と良史が出かけたのが、しまなみ海道(来島海峡大橋)のサイクリングだったわよね!

七月さんの表現の仕方、さすがだったわねぇ~。
越智さん
うしお
うん!どんな観光ガイドよりもしまなみ海道のよさを表現してくれているようだったわ~。
文章に吸い込まれて、私も天国に行けそうな気分になっちゃった。
しまなみ海道(来島海峡大橋)を見るなら、糸山公園がおすすめね!
越智さん
うしお
サイクリングがしてみたくなったら、サンライズ糸山でレンタサイクルすることもできるわよ。
住所 愛媛県今治市砂場町2丁目8-1(サンライズ糸山)
駐車場あり(無料)

亀老山展望公園

それから、大島の亀老山展望公園に行ったのよね~。
越智さん
うしお
私ね、このセリフに思わず笑っちゃった!

「亀老って、ほんとに老いた亀のことだったんだな」
「ほんとだ。石の石像かわいい」  

七月隆文『天使は奇跡を希う』(文春文庫、2016年)69頁


(写真提供:Yumiko Tamai様)

ウシオちゃん!亀老山展望公園でのシーンはもっと大切なとこあるでしょ~。
ほら!ほら!私もあの人と指をつなげて、写真とってSNSにあげてみたいにゃぁ~。
越智さん
うしお
越智さんって結構ミーハーなのね~。
そういえば、しまなみ海道が一望できる亀老山展望公園はトリップアドバイザーの『旅好きが選んだ!日本の展望スポットランキング2017』2位に選ばれたのよ!!
昨年の3位からワンランクアップね!
また行きたくなってきたわ~。
越智さん
住所 愛媛県今治市吉海町名
駐車場あり(無料)

今治城とファミリーマート

次に出かけたのが、今治城だったわねぇ。
越智さん

今治城

うしお
正直、この流れで観光地でもある今治城って、ちょっとベタだな~って思っちゃったんだけど、今治城よりファミマの方がメインって感じだったわね。
住所 愛媛県今治市通町3丁目1?3
駐車場あり(有料)
そうね。お城の前のファミリーマートも実在するのよ~!
越智さん

うしお
このファミマの前からの景色を絶賛してたわね!
お城も港町の風情も見えるって・・・確かに。
今治に住んでると意識したこともなかったけど、あらためて見るといい風景よ~。

市民の森

うしお
それから市民の森にも行ったのよね!
市民の森には長いスライダーがあるって一度紹介したことがあるわね。
子供の遊具だけでなく広い敷地には遊歩道もあって、四季折々の花が咲く公園なのよ!
越智さん
うしお
蓮のことをいろいろ言っているシーンには笑っちゃったわ。
蓮も実在しているんだもの!
そして向かったのは、小高いところにある東屋よ。
小説に登場するのは、ベンチ二脚だけだったかしらね~。
越智さん