くるくる今治

~広告~

観光スポット

松山近郊の定番観光スポット19選(@愛媛/観光)東温市・久万高原町・砥部町・松前町・伊予市

店舗様へ→掲載について(クーポン・集客UP)

▼SNSボタンから友達にシェアしてね▼

愛媛県松山市には「道後温泉」「松山城」をはじめとした観光スポットが数多くあり、毎年たくさんの観光客が訪れています。

たしかに松山市には観光スポットが充実していますが、実は松山近郊にも紹介したい定番スポットや観光地がたくさんあります。
松山近郊の愛媛県中予地方は、東温市、久万高原町、砥部町、松前町、伊予市の自治体で構成されており、どこも松山市から概ね車で1時間以内の距離と、アクセスは抜群です。
松山から日帰りでドライブするもよし、松山観光から少し足を延ばして巡るもよし。
松山近郊の観光スポットに行くことで、より一層愛媛の魅力を感じることができるでしょう。

今回はそんな松山市近郊の定番スポットをまとめてみました。
愛媛観光の計画に、ぜひお役立てください♪

東温市

まず最初に紹介するのは、松山市の南西に位置する「東温市」(とうおんし)です。

以前は「重信町」「川内町」と呼ばれていた場所です。
「東温」という名前は道後温泉を初めとした温泉地区の東に位置することから、その名が付けられたと言われています。

また、高速道路や国道が発展していることから、大きな建物のスポットが多い一方で、自然が豊かな所でもあることから、有名な滝が2つもあります。

白糸の滝

白糸の滝

東温市ホームページより

まずはじめに、愛媛県東温市の山奥にある「白糸の滝」(しらいとのたき)を紹介します。

その名の通り、白い絹のように流れる水の美しさが魅力。
夏は涼しさを感じることができ、秋は紅葉を楽しむこともできます。

滝までの道が狭いので、運転にはくれぐれもご注意を!

住所 〒791-0223 愛媛県東温市上林
マップをみる
電話番号 089-964-4414(東温市役所)
料金 無料
駐車場 あり
URL https://www.city.toon.ehime.jp/soshiki/13/2155.html

白猪の滝

白猪の滝

東温市ホームページより

「白糸の滝」に続いて、こちらは愛媛県東温市で有名な「白猪の滝」(しらいのたき)です。

「白糸の滝」同様、水がとても美しく、四季折々の表情を楽しむことできます。

その中でもおすすめなのが冬で、なんと滝全体が凍ってしまいます!
寒さが厳しい日が続かないと見られない光景ですが、その幻想的な姿は一見の価値ありです。

住所 〒791-0321 愛媛県東温市河之内
マップをみる
電話番号 089-964-4414(東温市役所)
料金 無料
駐車場 あり
URL https://www.city.toon.ehime.jp/soshiki/13/2156.html

坊っちゃん劇場

坊ちゃん劇場

いよ観ネットより

ここからは市街に近いスポットを紹介します。

「坊っちゃん劇場」は愛媛県東温市見奈良にある劇場です。

四国に関する演劇を見ることができる施設で、地域に根差した劇場は全国でも早々ありません。

演目は自主制作であり、かつ本格的。しかも1年毎に演目が変わります!

ここでしか見られない感動のミュージカルを一度見てみてはいかがでしょうか。

住所 〒791-0211 愛媛県東温市見奈良1125
マップをみる
電話番号 089-955-1174
営業時間 公演は10:30~ もしくは 14:00~
※公演カレンダーによる
休業日 火曜日
※公演カレンダーによる
料金 一般4,200円(当日)
※各種割引制度あり
駐車場 あり
URL http://www.botchan.co.jp/index.php

母恵夢スイーツパーク

母恵夢スイーツパーク外観写真2

愛媛を代表する銘菓「母恵夢」(ポエム)を楽しめる「母恵夢スイーツパーク」もおすすめです。

併設された工場の見学ができるほか、母恵夢をはじめとしたできたてのスイーツをいただくこともできます。

スイーツ以外にも、足湯があったり、乳しぼり体験があったりと見どころ満載です。

ここでしか食べられない母恵夢を食べに行きましょう!

住所 〒791-0311 愛媛県東温市則之内甲2585-1
マップをみる
電話番号 089-955-8333
営業時間 9:00~18:00
休業日 元日
料金 無料
駐車場 あり
URL https://www.poeme.co.jp/sweetspark/
もっと詳しく見る
母恵夢スイーツパーク外観写真1
母恵夢スイーツパーク(@東温/遊び)お菓子工場で見て・食べて・体験してきた

ハタダできたてお菓子館

ハタダお菓子館

こちらも愛媛を代表するお菓子のテーマパーク「ハタダできたてお菓子館」です。

2021年11月11日(木)にリニューアルオープンしたばかりで、工場見学をできるのはもちろん、「栗タルト」の手巻き体験も行っています。

東温市で甘いものをとことん味わってみるのも面白いですね。

住所 〒791-0213 愛媛県東温市牛渕1008-1
マップをみる
電話番号 089-964-5000
営業時間 8:00~18:00
休業日 無休
料金 無料
駐車場 あり
URL https://www.hatada.co.jp/
もっと詳しく見る
【できたてお菓子館】ハタダお菓子館が11月11日リニューアル!記念イベント&抽選会、特価商品まとめ


久万高原町

次は久万高原町(くまこうげんちょう)です。
松山市と東温市の南に位置する町で、高知県とも接しています。

久万高原町は、愛媛県の市町村で一番広い面積を誇っています。
「久万」という名前は元々「山奥」を意味する言葉で、実際に町のほとんどは森林です。

何といってもその大自然が魅力。
標高もとても高いので、松山市とは気候が全く違います。
特に夏は涼しく、快適です。

面河渓

面河渓

いよ観ネットより

まず最初に紹介するのは、西日本最高峰「石鎚山」の麓に広がる渓谷「面河渓」(おもごけい)です。

高知県の清流「仁淀川」の源流でもあるこの渓谷は、川の透明度と渓谷美が魅力。

中でも紅葉の時期が素晴らしく、毎年多くの観光客で賑わいます。

住所 〒791-1710 愛媛県上浮穴郡久万高原町若山
マップをみる
電話番号 0892-21-1111(久万高原町役場)
駐車場 あり
URL https://kuma-kanko.com/spot/spot26/

四国カルスト

四国カルスト

日本三大カルストの一つである「四国カルスト」は、四国の屋根と呼ばれる絶景スポット。

360度の大パノラマ、カルストならではの石灰岩、そして夜は満点の星空が広がります。

愛媛でこれほど開放的な景色はなかなか味わうことはできないでしょう。

四国カルストへ向かう道の所々が細くて狭いのですが、時間をかけてでも行く価値はありますよ!

住所 〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
マップをみる
電話番号 0892-55-0057(姫鶴荘)
駐車場 あり
URL https://kuma-kanko.com/spot/spot398/

天空の道

天空の道

そんな四国カルストの絶景を貫くように走るのが「天空の道」と呼ばれている愛媛県道383号線です。

その名の通り、まるで空にまで続いていくような道は爽快感にあふれています。

特に夏の時期は涼しいので、絶好のツーリングやドライブのスポットとなっています。

宿泊施設や食事ができる場所も周辺にあるので、大自然を満喫しに行ってみてはいかがでしょうか。

住所 〒791-1802 愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
マップをみる
電話番号 0892-55-0057(姫鶴荘)
駐車場 あり
URL https://www.iyokannet.jp/spot/3581

砥部町

続いては松山市のすぐ南に位置する町、砥部町(とべちょう)です。

砥部町と言えば「砥部焼」が有名です。
「砥部」の「砥」の字は「砥石」を意味します。

観光スポットも砥部焼関連のものが多く、家族で行きたいスポットもいくつかあります。

松山市からすぐの所にあるのも魅力ですね!

愛媛県立とべ動物園

とべ動物園アフリカゾウの親子

砥部町といえば、やはり「愛媛県立とべ動物園」

愛媛県で唯一の動物園で、広大な敷地を誇る園内には有名な動物がたくさんいます。

中でもホッキョクグマのピースはみんなの人気者です。

エサやり体験やふれあい体験も行っているので、家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

住所 〒791-2117 愛媛県伊予郡砥部町上原町240
マップをみる
電話番号 089-962-6000
営業時間 9:00~17:00(最終入園16:30まで)
※15:30~動物のお食事タイムのため、見られない動物あり
休業日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月1日)
料金 大人500円、高齢者(65歳以上)200円、高校生200円、小・中学生100円、幼児(6歳未満)無料
駐車場 あり
URL https://www.tobezoo.com/
もっと詳しく見る
とべ動物園外観写真1
夜のとべ動物園(@砥部/遊び)普段は見られない夜の動物たちを観察しよう!

砥部焼陶芸館

砥部焼陶芸館

砥部焼の施設である「砥部焼陶芸館」も、ぜひ訪れてほしいスポットのひとつです。

こちらの施設では、多くの窯元の砥部焼作品を購入することができます。

また、陶芸体験絵付け体験など、体験プログラムも充実しています。

焼き物以外の雑貨も多くあり、見てるだけで楽しめる施設です。

住所 〒791-2120 愛媛県伊予郡砥部町宮内83
マップをみる
電話番号 089-962-3900
営業時間 9:00~17:00
休業日 水曜日
駐車場 あり
URL https://www.togeikan.com/index.php
もっと詳しく見る
砥部焼の茶碗
陶芸の歴史を体験できる!(@砥部/遊び)活気あふれる砥部焼陶芸館がリニューアル!

砥部焼伝統産業会館

砥部焼伝統産業会館外観写真1

砥部焼の施設といえば、「砥部焼伝統産業会館」もおすすめ。

こちらでもやはり多くの砥部焼を購入することができます。

さらに華やかな歴史的な名品である砥部焼が展示してあり、美術館のようです。

想像を超えるスケールの砥部焼は一見の価値ありです。

住所 〒791-2132 愛媛県伊予郡砥部町大南335
マップをみる
電話番号 089-962-6600
営業時間 9:00~17:00
休業日 月曜日(祝日の場合は翌日休)、12月29日~翌年1月1日

料金 大人300円、高齢者(65歳以上)200円、高校生・大学生200円、小・中学生100円、幼児(6歳未満)無料
駐車場 あり
URL https://www.town.tobe.ehime.jp/site/tobeyakidentosangyokaikan/densan.html
もっと詳しく見る
砥部焼伝統産業会館アイキャッチ
砥部焼伝統産業会館(@砥部/観光)窯元紹介や歴史ある作品を展示する観光スポット

えひめこどもの城

えひめこどもの城

「愛媛県立とべ動物園」のすぐ近くにある「えひめこどもの城」は、子どもにピッタリの施設。

室内から室外に至るまで、様々な乗り物や、いろいろな体験コーナーがあります。

施設内には、食事ができるところや授乳スペースも完備されていますよ。

比較的安い金額で遊べるのも、家族にとっては嬉しいポイントです。

住所 〒791-1135 愛媛県松山市西野町乙108番地1
マップをみる
電話番号 089-963-3300
営業時間 9:00~17:00(夏休み期間は18:00まで)
休業日 水曜日、12月29日~翌年1月1日
料金 無料
駐車場 あり
URL http://www.i-kodomo.jp/
もっと詳しく見る
えひめこどもの城(@松山/遊びスポット)特集!家族で楽しめるイベントが毎週開催

七折梅園

七折梅園

こちらは砥部町の中でも山間にあるスポット「七折梅園」(ななおればいえん)です。

1万本を超える梅が咲き誇る景色は、まさに桃源郷とも言える絶景です。

鑑賞用の梅ではなく、梅干しなどに加工される食用の梅というのもポイントです。

毎年行われる梅まつりでは、梅に関する様々なお土産を買うこともできますよ。

住所 〒791-2125 愛媛県伊予郡砥部町七折
マップをみる
電話番号 089-962-3064
営業時間 10:00~16:00
休業日 無休(梅まつり期間中)
料金 300円(梅まつり期間中)
駐車場 あり
URL http://www.nanaore-koume.jp/
もっと詳しく見る
愛媛県梅の花2
梅の花(@愛媛/観光撮影スポット)カメラ撮影スポット6選&おすすめ梅まつり情報!


松前町

次は松前町(まさきちょう)です。
こちらも松山市のすぐ南に位置する町で、愛媛県で一番小さい市町村です。

面積は小さいながらも、海や川、大きな工場もあり、人口密度は愛媛県で一番高い町だそう。

観光地という観光地はないけれど、愛媛県随一のショッピングモールがあり、休日は松前町以外からも大勢の人が訪れます。

エミフルMASAKI

エミフルMASAKI

愛媛県松前町を代表するスポットといえば「エミフルMASAKI」

「エミフルに行けば何でも揃う」と言われるくらい、多種多様な施設が揃っています。

食品、ファッション、おもちゃ、家電、ホームセンター、映画館、レストランなどなど、数え切れません。

特に考えずに行ってみても損はない、そんなショッピングモールです。

住所 〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町筒井850
マップをみる
電話番号 089-984-2111(代表案内)
営業時間 【専門店街】10:00~21:00 ※一部店舗を除く
【レストラン街1F】11:00~22:00 ※一部店舗を除く
【フードコート2F】10:00~21:00(L.O.20:30)
【食品館】9:00~22:00
【衣料・くらしの品フロア】9:00~21:00
休業日 無休
駐車場 あり
URL https://emifull.jp/
もっと詳しく見る
エミフルMASAKIメリーゴーランド4
エミフルMASAKIに出現(@松前/遊び)愛媛県唯一のメリーゴーランド【エミリー】

伊予市

最後に紹介するのは、松前町をさらに南に行った所にある伊予市(いよし)です。
ここを越えると南予地方に入ります。

元々は港を初めとした交通の起点として栄えた街で、今でも大きな幹線道路を中心に賑わっています。

以前は「双海町」と呼ばれていたエリアの海岸線がとにかく美しいと評判です。
愛媛はもちろん、全国でも指折りのスポットもありますよ。

JR下灘駅

下灘駅1

愛媛県伊予市の中で最初に紹介するのは、愛媛県屈指のフォトスポット「下灘駅」(しもなだえき)です。

「海に近い駅」として大変有名なこの駅は、連日大勢の観光客で賑わいます。

最近では主に休日のみ営業する駅前の「下灘珈琲」を買って、一緒に写真を撮るのがトレンド。

特に夕日の時間帯は、思わず息を呑むような光景が広がります。

住所 〒799-3311 愛媛県伊予市双海町大久保
マップをみる
駐車場 なし/周辺のコインパーキングを利用
URL https://www.city.iyo.lg.jp/machizukuri/kanko/guidemap/jrshimonada.html
もっと詳しく見る
下灘駅10
下灘駅(@松山/観光)ドラマや映画などのロケ地にも採用!日本の美しい無人駅BEST3の2位

五色姫海浜公園

五色姫海浜公園

伊予市観光協会より

こちらも海が近いスポット、「五色姫海浜公園」(ごしきひめかいひんこうえん)です。

平家の伝説が残るこちらの公園は海水浴のスポットとして人気です。

特に夏の時期はビーチバレーの大会が行われるなど、多くの人で賑わいます。

駅からも徒歩圏内で、アクセスが良いのも魅力的です。

住所 〒799-3127 伊予市灘町311番地
マップをみる
電話番号 089-982-1111
休業日 無休
料金 無料
駐車場 あり
URL https://iyokankou.jp/spot/spot-180/

日本水仙花開道

日本水仙花開道

伊予市観光協会より

「日本水仙花開道」(にほんすいせんはなかいどう)は、伊予市の双海エリア観光には外せない場所のひとつ。

海が見える丘一面に水仙の花が咲き誇るまさしく素晴らしいロケーション!

先ほど紹介した下灘駅ともほど近く、合わせて行くのがおすすめ。

水仙の見頃は12月~1月下旬ですので、冬にぜひ訪れたいスポットです。

住所 〒799-3312 愛媛県伊予市双海町串194
マップをみる
電話番号 089-986-1111(伊予市双海地域事務所)
料金 無料
駐車場 あり
URL https://iyokankou.jp/spot/spot-403/
もっと詳しく見る
日本水仙花開道(@伊予市/観光)見頃は1月下旬まで!冬ならではの景色を見に行こう♪

ふたみシーサイド公園

ふたみシーサイド公園

「ふたみシーサイド公園」も、海に面したスポットです。

道の駅「ふたみ」にも隣接したこの公園も、海水浴のできるビーチが魅力。

夕日はもちろん、条件が良い日には星空をみることもできます。

住所 〒799-3207 愛媛県伊予市双海町高岸 甲2326番地
マップをみる
電話番号 089-986-0522
休業日 無休
駐車場 あり
URL https://www.futamiseaside.com/
もっと詳しく見る
ふたみシーサイド公園(@伊予/遊び)イルミネーションあり!冬もホットな愛媛県のラブスポット

ウェルピア伊予

ウェルピア伊予

伊予市ホームページより

最後に紹介するのは、様々なアクティビティが楽しめる「ウェルピア伊予」です。

テニス場や野球場、体育館、夏にはプールが楽しめる複合施設です。

さらに地元の食材を活かしたレストラン、そして宿泊することも可能。

地上50mの展望タワーが目印です。色々なシチュエーションで活用してみてはいかがでしょうか。

住所 〒799-3105 愛媛県伊予市下三谷1761-1
マップをみる
電話番号 089-983-4500
営業時間 施設による
休業日 無休
料金 施設による
駐車場 あり
URL https://welpiaiyo.jp/

-観光スポット